« 簿記の仕組みを悪用した詐欺?:ライザップ | トップページ | 4年前とオンナジ:日豪新時代とダーウィン港の重要性 »

『台湾少年工』を讃えよう!

2018年11月16日
(『台湾少年工』を讃えよう!)


https://special.sankei.com/f/seiron/article/20181116/0001.html?_ga=2.194412645.95866721.1541862269-1657727698.1541862269


・金儲けで応募して来日したのに、いつの間にか「強制徴用工だった!」と嘘を吐き、「奴隷のように扱われた」と損害賠償を求め、『国民情緒』最優先のポピュリズム政権が司法をも動かして、『1965年・日韓基本条約』をひっくり返したのが、今日の『南』大法院の徴用工判決だ。


・この根っ子から「反日・強請りたかり」の民族に比べ、『台湾少年工』のこの記事は、なんと崇高なのだろう! 記事中の「〔零戦〕〔雷電〕〔紫電改〕。台湾少年工の存在なくして、記憶を今に留めるこれら名機の活躍はなかったのであろう」・・・だけで泣けて来る。


・日本人は、もっとこの「感動実話」を広めるべきであろう。〔百田尚樹氏〕か〔門田隆将氏〕に、熱く書いて貰おうか?


・産経スペシャル・[正論] から、記事を以下。


・「【[正論] 台湾少年工『2つの祖国』の物語】産経スペシャル 2018.11.16」


・「この10月20日、神奈川県座間市の丹沢山系をはるかに仰ぐ芹沢公園の一隅に『台湾少年工顕彰碑』が建立、除幕された。碑には3首の和歌が刻まれ、その第2首は元台湾少年工の故人、〔洪坤山氏〕の歌、

  〈北に対(む)き年の初めの祈りなり

        心の祖国に栄えあれかし〉

である」


・「台湾少年工といっても、ほとんどの日本人には意味不明であろうが、戦前期の半世紀にわたり日本の統治下におかれてきた台湾について、現在の日本人に語り継がれてしかるべき一つの『哀史』が少年工の物語の中にはある」


≪8400人が日本に渡った≫


・「昭和17年6月の『ミッドウェー海戦』において日本は主力空母と搭載機の全てを喪失、戦況は米軍優位に転じた。19年7月には『サイパン島』が占領され、以降、ここを基地とする米軍の本格的な日本本土攻撃が始まった」


・「これに応じて日本は米軍機を迎撃する航空機製造を加速せざるを得なくなった。しかし、アジア全域に戦線を拡大していた日本は兵員の不足に悩まされ、航空機増産のために労働力を追加動員することは困難だった」


・「ここで着目されたのが、日本の統治下で日本語による教育を受けて育った台湾の少年たちである。『台湾総督府』を経由し多くの少年工が『海軍工廠技手養成所要員』として募集された。15歳前後の少年たちが厳しい選抜試験に挑んで合格、神奈川県高座郡(現在の大和市、座間市など)に設置された『高座海軍工廠』にやってきた」


・「徴用では全くない。募集であった。その条件は、旧制の国民学校尋常科を経て高等科に進みこれを卒業した者であれば工業学校卒業の資格を、中学校卒業者であれば高等工業学校卒業の資格を与え、将来は航空機技師になる道が開かれるというものだった」


・「選抜された向学心の強い壮健な少年たちがここに集(つど)った。その数は、第1陣として18年5月に1800人、19年5月に第7陣2千人が到着するまで、総計〔8400人〕に及んだ」


≪過酷な労働環境で名機を生産≫


・「高座での実地研修の後、高座を含め全国で7カ所、当時の日本で最大規模の航空機製造を担った群馬県太田の『中島飛行機』、名古屋の『三菱重工業』などで〔零戦〕〔雷電〕〔紫電改〕の生産に携わった。台湾少年工の存在なくして、記憶を今に留めるこれら名機の活躍はなかったのであろう」


・「少年たちの労働環境は過酷であった。温かい台湾で生まれ育った彼らには冬の寒さが耐え難い。ヒビやアカギレの手は痛々しく、ノミやシラミに就寝を妨げられ、敗戦近い食糧難の時期、食べ盛りの少年たちは空腹を抱えての勤労であった」


・「航空機の製造現場は米軍の本土攻撃の照準となり、19年12月には、三菱重工業名古屋製作所が徹底的な焼夷(しょうい)弾投下により壊滅して25人の少年工が死亡した。敗戦の直前、高座工廠が爆撃を受け空中爆雷により6人が死亡、犠牲となった少年工の総数は全国で〔52人〕と記録される」


・「各地に派遣された少年工が高座海軍工廠に帰ってきた。だが敗戦により日本海軍は解体され、高座工廠も閉鎖されて少年たちは居場所を失ってしまった。そのうえ、彼らは日本国籍から中華民国籍への変更を余儀なくされ、いわゆる『第三国人』として滞在せざるを得なくなった」


・「憤懣(ふんまん)は募る。しかし、少年工のリーダーは『台湾省民自治会』を結成して外務省や神奈川県庁の担当部局と折衝、わずかながらも退職金を手にして21年初以降、順次、台湾に帰還することができた」


≪顕彰碑に刻まれた永遠の友誼≫


・「台湾で彼らを待っていたのは、今ひとたびの苦境であった。『国民党による圧政』である。日本時代の文物はことごとくが毀損(きそん)され、帰国した少年工が日本に赴いて航空機製造に関わっていたことなど口にすることさえはばかられた」


・「国民党支配に抗する台湾人の反乱、2万8千人の無告の台湾の民が殺戮(さつりく)された『1947年の二・二八事件』を経て、その後、戒厳令が38年にわたり敷かれた。この間、少年工は自らの青少年時代の記憶を胸の底に秘め、居住まいの悪い思いに悩まされつづけた」


・「台湾人の民主化要求に抗(あらが)えず、ついに戒厳令が解かれたのが1987年。ようやくにして少年工は『第二の祖国』のことを語り始め、この熱い思いに志ある日本人が応えて『台湾高座会』が結成され、平成5年の『留日(日本留学)50周年』を機に大和市への『里帰り』が実現した」


・「台湾少年工顕彰碑は留日75周年を期して建てられ、90歳を前後するかつての少年工22人とその家族、日本人関係者が参列して執り行われた。碑はかつての高座海軍工廠の跡地、米軍による爆撃から身を守るために少年工が造成した地下壕の辺りを眼下にする場所に位置する」


・「台湾少年工の秘史を記録に留め、台湾高座会と大和市との友誼のために尽力してきた〔石川公弘氏〕の歌も碑に刻まれている。

 
   〈八千の台湾少年雷電を

      造りし歴史永遠に留めん〉


(わたなべ としお)」・・・


《台湾の元少年工の留日75周年にともない、台湾少年工をたたえる顕彰碑の除幕式が10月20日、神奈川県座間市内で行われた(台湾高座会歓迎大会事務局提供)》


Photo

« 簿記の仕組みを悪用した詐欺?:ライザップ | トップページ | 4年前とオンナジ:日豪新時代とダーウィン港の重要性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『台湾少年工』を讃えよう!:

« 簿記の仕組みを悪用した詐欺?:ライザップ | トップページ | 4年前とオンナジ:日豪新時代とダーウィン港の重要性 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト