« 持参金1.5億円の嫁か? | トップページ | 『南』によるベトナム戦争時の蛮行 »

ささやかな〔伊調馨選手〕の意趣返し

2018年10月18日
(ささやかな〔伊調馨選手〕の意趣返し)


https://news.nifty.com/topics/gendai/181018280205/


・そうか、「足元」まで観なかったが、こうして写真を観ると〔伊調馨選手〕は確かに〔NIKE〕のシューズを履いている。日本選手は確か〔MIZNO〕統一だった筈だが、ささやかな〔伊調馨選手〕の意趣返しなのだろうか?


・ただ「日本代表に決まった暁」には、彼女も「日本代表統一コスチューム」で闘ってくれると信じている。63キロ級から、2020東京五輪新設の57キロ級に体重を6キロも絞っての練習だから大変だろうが、〔伊調馨選手〕頑張れ!


・ニフティニュース から、日刊ゲンダイDIGITAL の記事を以下。


・「【復帰戦で足元に異変…伊調馨のシューズにみる協会との禍根】日刊ゲンダイDIGITAL 2018年10月18日 12時00分」


〈不透明さが問題視されていたレスリングの日本代表基準が決まった〉


・「日本協会は17日、2020年東京五輪は男女とも『来年9月の世界選手権(カザフスタン)でメダルを獲得した選手に代表権を与える』と発表」


・「同選手権には、(1)今年12月の全日本選手権、(2)来年6月の全日本選抜選手権が選考会となり、両大会の優勝者が異なる場合は、(3)18年の世界選手権(ブダペスト)覇者も交えた3者によるプレーオフで決定する」


・「20日に開幕する今年の世界選手権57キロ級代表は、8月のアジア大会で3位に終わった〔坂上嘉津季〕(25)。国際大会での実績に乏しく、今回の世界選手権での優勝は厳しいとみられる」


・「女子では史上初の五輪5連覇の可能性を残す57キロ級の〔伊調馨〕(34)は、国内選考会のいずれかに優勝すれば、五輪出場に近づくだけに、わずかながら望みが出てきた」


:「伊調は優勝した14日の復帰戦後の会見で、一連のパワハラ騒動に触れ、『自分がレスリングを続けるのは自分勝手なんじゃないか、わがままなんじゃないか、と葛藤した』と苦しい胸の内を明らかにしたが、実は協会に対して反旗を翻していた」


・「日本協会は、海外遠征などで代表選手が着用するユニホームなどのウエア(シューズも含む)に関して、国内のスポーツ用品メーカーと契約している。代表選手は試合はもちろん、移動の際も同社製品の着用が義務付けられる。これまでは伊調も同社のものを身に着けていたが、今回の復帰に際し、シューズを変更。米国など海外のナショナルチームが契約する米国メーカーのシューズを履いて復帰戦に臨んだのだ」


・「注目度の高い復帰戦でシューズを替えたのは、『協会への意趣返し』ともっぱら。伊調は、当初、〔栄和人前強化本部長〕によるパワハラを認めず、告発者のひとりで、自身が信頼する〔田南部力コーチ〕への謝罪がない協会の対応には依然として不信感を抱いているといわれる」


「協会は、伊調を11月の代表合宿に『特別枠』で招くなど、和解の動きを見せているが、いまだに火種はくすぶっている」・・・


《復帰戦で優勝した伊調の足元に異変が…(C)日刊ゲンダイ》


Photo_3

« 持参金1.5億円の嫁か? | トップページ | 『南』によるベトナム戦争時の蛮行 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな〔伊調馨選手〕の意趣返し:

« 持参金1.5億円の嫁か? | トップページ | 『南』によるベトナム戦争時の蛮行 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト