« 日本政府に“韓国疲れ”蔓延 | トップページ | 韓国国民が知らない「徴用工」の真実 »

〔チャイナ〕ではパクリが勝つ:アタリマエダ!

2018年10月31日
(〔チャイナ〕ではパクリが勝つ:アタリマエダ!)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15525807/


・今更〔福沢諭吉先生〕の『脱亜論』の正しさを思い知らされる。明治維新はしたものの、日本はアジアのカオスの中に溶け込んでいたら、とっくに「馬群の中」に消えていたろう。「アジアを相手にするな、欧州を目指せ!」の明治人の鋭い感覚だった。


・それにしても日本は、アメリカ:〔フランクリン・ルーズベルト〕の策略に嵌り、アメリカという新興覇権国と激闘して負けた。敗戦日本はそれでも『奇跡の復興』を成し遂げたが、日本のカネで〔チャイナという新たな覇権国〕と〔『南』という世界一の反日国〕を作り上げてしまった。


・あの日あの時、日本からの支援が無かったら、この両国の現在は在っただろうか? いずれにせよ、あの暑い遠い〔インド〕しかアジアに友邦が無い日本は、何事につけてもアジアへの進出は、①「サーベィ」を徹底し、②「石橋を叩いて渡る」慎重さが必要なようだ。


・ライブドアトピックス から、J-CASTテレビウォッチ の記事を以下。


・「【[無印良品]中国でパクられまくり!店舗までそっくりにして、なんと『本家』を提訴】J-CASTテレビウォッチ 2018年10月31日 14時8分」


・「[無印良品]は中国で240店舗を展開しているが、パクリ無印良品の店舗や商品が横行し、しかも偽物側が本物を商標権侵害で訴え、本物側が負けるという騒ぎまで起きている」


・「パクリグループは〔天印良品〕という店名だった。無印は中国では天印と表し、店の中は本物の〔無印良品〕とそっくりで、扱っている商品も似ている。違うのは品質のようだ」


・「パクリ無印良品を通販で購入した人は、『赤いタオルを購入し、ジャケットと一緒に洗濯したら、赤い毛が抜けてジャケットにいっぱい付着してしまいました』『最悪、シャワーのあとすごい量の赤い毛が体に付いて、床にも落ちて本当に品質が悪い』と話した」


★本物に1000万円の支払いと謝罪命じるデタラメ判決


・「なぜパクリ無印良品が中国で横行しているのか。無印良品は2005年に中国に進出し、品質の良さから人気ブランドとして定着すると、本物とそっくりの店舗を出店するパクリ会社が現れ、現在30店舗を展開しているのだという」


・「さらに、パクリ会社は盗人猛々しく、日本の無印良品が中国でタオル類を売っているとして商標権侵害で提訴し、裁判所は『約1000万円の支払いと店舗とオンラインサイトで30日間の謝罪』をするよう命じる判決を下した。無印良品側は上告しているが、さてどうなるか」


・「商標権問題に詳しい弁理士の〔永沼よう子氏〕は『中国で商売をするからには、やはり展開する可能性がある範囲で、しっかり(商標権を)押さえておく必要があったのではないかと思います』と話した」・・・

« 日本政府に“韓国疲れ”蔓延 | トップページ | 韓国国民が知らない「徴用工」の真実 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

世界で一番ややこしいインド人と日本はうまく立ち回れるでしょうか?

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。私の2度目の勤めの〔オプトメカトロニクスのC社〕は
シンガポールに『アジア担当員』を置いており、束の間でしたがそのA氏とは何度も
お付き合いしました。

そのA氏の言=「インド人だけは、絶対信用ならない!」でした。カメラ販売で、
必ず「1万台では?」「5万台では?」と持ちかけられ、「結局は1台」という経験を
何度もしているという話です。

ただ今回は「国益のかかった」ってか、「国の存亡がかかった話」です。商取引とは
次元が違うので、私は「取りあえず信用」している次第ですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔チャイナ〕ではパクリが勝つ:アタリマエダ!:

« 日本政府に“韓国疲れ”蔓延 | トップページ | 韓国国民が知らない「徴用工」の真実 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト