« 必読の「ケント・ギルバート現象」 | トップページ | 軽減税率導入で大混乱・廃業 »

「人は言葉で出来ている」:読書週間の始めに

2018年10月28日
(「人は言葉で出来ている」:読書週間の始めに)


https://www.sankei.com/column/news/181028/clm1810280004-n1.html


・私は自分の「保守中道やや右」の立ち居地と、産経新聞電子版の「気前の良さ」に、産経記事をベースにした投稿が多い。「産経の宣伝マン」ではないが、感謝のシルシに〈産経抄〉には目を通すことにしている。


・今日の「人は言葉でできている」はいい。語彙の豊かさと組み立てと、「時と場合」に応じての発信力には、そのまま「その人の教養」が垣間見られる。「教養とは学歴ではなく、読書量だ」と私は信じている。


・それも「青春時代に読んでおく本」「働き盛りに読み漁る本」「晩年になって理解出来る本」と、読書の世界は奥が深い。ただ「ハウツー物」はお勧めしない。(1)問題提起がされていて、(2)直ぐ回答が続いている。「先人の智恵」に触れることは大事だが、「物知り」になっても「教養の蓄積」にはならない。


・現代のスマホの検索機能のお陰で、現代の若者はみんな「物知り」になっているが、「味わい深く、人の心を揺さぶる」〈語り〉が出来るだろうか? 出来ないのなら、それは「教養」とは言えないだろう。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【[産経抄]10月28日】産経ニュース 2018.10.28 05:00」


・「国語学者の〔大野晋さん〕が約20年前に出した『日本語練習帳』にこうあった。新聞や雑誌に使われる単語の数は年間およそ3万語とされる。その5、6割は1度しか使われない。『つまり、半分の単語は…一年に二度とお目にかかることがない』と」


・「▼大野さんは続ける。『使用度数1、あるいは一生で一度も使わないかもしれない。だからいらないのではなくて、その一回のための単語を蓄えていること』。手間を惜しまず豊かな語彙を身につけよ、と。物書きの端くれとして、自省とともに思い出す言葉である」


・「▼読書週間が始まった。毎日新聞の読書世論調査によると、書籍の『不読率』は52%で『読書率』45%を上回ったという。読み書きの能力に不足を感じると答えた人は8割を超えた。言葉の世界へといざなう本を閉じれば、言語の営みが先細りするのはやむを得まい」


・「▼表紙をひとつめくるだけで言葉との出会いがあるのに、現代人はスマートフォンの上で指を滑らせるのに忙しい。膨大な量の情報に追われ、多くの時間を奪われている。その代償として、本や新聞、雑誌のページを繰る手が疎(おろそ)かになっているなら、あまりに惜しい」


・「▼『自分の心のなかに失いたくない言葉の蓄え場所をつくりだすのが、読書です』と詩人の〔長田弘さん〕は書いた。とりわけコラムは、人の言葉に多くを負っている。小欄にとって読書とは、いつ来るか分からぬ『その一回』に備えて言葉を探し、蓄える作業でもある」


・「▼人の持ち時間には限りがあり、厚い辞書の中に埋もれた言葉たちとの出会いもおのずと限られる。長田さんは 『人は言葉でできている』 とも書いた。このひと言に背中を押された人は手近な朝刊を開いてくれてもいい。新聞も言葉でできている」・・・

« 必読の「ケント・ギルバート現象」 | トップページ | 軽減税率導入で大混乱・廃業 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人は言葉で出来ている」:読書週間の始めに:

« 必読の「ケント・ギルバート現象」 | トップページ | 軽減税率導入で大混乱・廃業 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト