« 珍しく元外交官・天木直人氏に同感する | トップページ | 静岡の役人共の「姿勢一つ」だと思うが »

大腸がんが胃がんを抜き1位に

2018年09月15日
(大腸がんが胃がんを抜き1位に)


https://www.sankei.com/life/news/180915/lif1809150005-n1.html


・平成30年4月1日現在、厚労省は『全国にがん診療連携拠点病院を401箇所』、『地域がん診療病院を36箇所』指定している。そのテッペンは【国立がん研究センター】であり、定期的にこういった『全国統計』も示せるようになっている。


・私の「4がん5バトル」も、2000年10月の〔末期大腸がん発見〕から始まったが、私の初版本【生還へのフォアボール】の32Pから34Pにかけて、その「初体験」が生々しい。破線内に以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2・4 大腸ファイバースコープ・2000年10月19日(木)


・10月19日の【Mクリニック】での検査は、経口洗腸液・ニフレックを飲むことから始まった。
昨夜9時から絶食だったので、『こんな不味い液体でも腹の足しになるか』とキューキューと飲んでいたらナースに叱られた。ゆっくり2時間かけて飲むのだという。


・美容関連で尻から大腸を洗う液体を注入する、いわば『浣腸の大掛かりなもの』があるそうだが、このニフレックは胃・小腸・大腸すべてを洗浄してくれるから、『ニフレックの方が美容効果もあるわい!』 などと、私はそんな切所(せっしょ)(山道の難所)でも諧謔が頭をもたげていたものだ。


・大腸とは小腸側から見て、『盲腸』、『虫垂』、『上行結腸(盲腸から右結腸曲まで)』、『横行結腸(右結腸曲から左結腸曲まで)』、『下行結腸(左結腸曲から左腸骨窩まで)』、『S状結腸(左腸骨窩から直腸上端まで)』、そして『直腸』から成る約1・5メータの長大な消化器である。


・大腸ファイバースコープは、ニフレックにより洗浄された大腸に向かって、肛門、直腸、S状結腸・・と入れられて行く。私はまな板の鯉の心境で、尻に穴を開けたトランクスをはいた体を診察台に預けたものだ。(専用紙パンツが小さいため、いつも自前!)


・診察台に横寝した私の視界に大きなカラーモニターがある。まるで【インディ・ジョーンズ】が狭いトンネル内をトロッコで疾駆するようなイメージで、ファイバースコープの照明とカメラが私の体内を走って映像が現れてくる。


・「どうか、何にも現われませんように! 」との私の願いは空しく、『そいつ』はカラーモニターを圧倒して現われた! 素人目にも一目でがんと分かる巨大な腫瘍が、殆どもう大腸を塞いでいたのだ。


・院長は、何度もファイバースコープの先端を、その腫瘍の脇をすり抜けさせようと試みるのだが、そのつど腫瘍は血を噴き出して『とおせんぼ』をした。「押し込み42センチ、S状結腸だな」という院長の声が、こだまのように頭の中でワンワンと響いていた。 


・「消化の良いものを食べてください。昆布とかワカメなどは消化されにくく、そのままに近い形で出ようとしますから、大腸が詰まったらいけませんので控えてください」・・・婦長さん(今は『看護師長』などと野戦病院っぽい呼称に変わったが)から注意され消化剤だけもらって【Mクリニック】を出た私は、固唾(かたず)を呑んで家の電話口で待っているだろう家内の芙美子に、呼吸を整えてから電話を入れた。


・「一軒だけで、そう決めていいの? 日を変えて他にも行ってみたら?」・・・信じたくないのだろう、芙美子は必死の声でそう言ってくれたが、「いや、大きなカラーモニター一杯に現われたあいつは、間違いなく大腸がんだ。あの憎憎しい大きな顔は間違いないさ!」・・・私は、唇がカサカサに乾き、胃が鉛のように重くなって、指先が冷たくなって行くように感じながら、頭は不思議と冷静に、この重大な事態を受け止めていた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【がん患者最多86万7千人 大腸がんが胃がんを抜き1位に】産経ニュース 2018.9.15 00:14更新」


・「【国立がん研究センター】は14日、平成26年に新たにがんと診断された人は86万7千人で、過去最多を更新したと発表した。高齢化に伴って増加し、30年は『101万4千人になる』と予測している」


・「部位別で最も多かったのは『大腸がんの13万4千人』で、25年に1位だった『胃がん』を抜いた。戦後の衛生状態の改善で胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が減ったためとみられる」


・「大腸がんは、食の欧米化が要因の一つとされ、増加傾向にある。がん対策情報センターの〔若尾文彦センター長〕は『大腸がんは検診で死亡率を減らせる』と呼びかけた」


・「研究センターは都道府県が集める『地域がん登録』のデータを分析。がん患者の内訳は『男性が約50万2千人』、『女性は約36万6千人』だった」


・「部位別では、『男性は胃が最も多く8万7千人』、次いで『肺』、『大腸』、『前立腺』、『肝臓』。『女性は乳房が最多で7万6千人』、『大腸』、『胃』、『肺』、『子宮』が続いた」・・・


《がん・男女別部位別 表》


Photo_2


« 珍しく元外交官・天木直人氏に同感する | トップページ | 静岡の役人共の「姿勢一つ」だと思うが »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大腸がんが胃がんを抜き1位に:

« 珍しく元外交官・天木直人氏に同感する | トップページ | 静岡の役人共の「姿勢一つ」だと思うが »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト