« 捕まえたのは道の駅の警備員:富田林脱走犯 | トップページ | これで二階幹事長が危ないな:沖縄・玉城氏当選 »

そりゃ有ったろう、「日本敗戦革命の危機」

2018年09月30日
(そりゃ有ったろう、「日本敗戦革命の危機」)


https://www.sankei.com/life/news/180930/lif1809300019-n1.html


・そりゃ戦時中、『大政翼賛新聞』の代表だった【朝日新聞】が敗戦後、素早く『サヨク新聞の旗手』に転身した事実ひとつ捉えても、本書の『敗戦革命論』は筋が通っている。恐らく朝日社内のサヨク社員群が、『社内革命』を起こして乗っ取りに成功したのだろう。


・本書の著者:〔江崎道朗〕氏は、wikiによれば私より20歳若い56歳、日本の保守団体の代表格=【日本会議】の事務局員である。


・〔スターリンの陰謀〕は、敗残日本兵の『シベリア抑留』にもよく顕れている。(1)ソ連極東・極寒地域の森林伐採の労働力確保 だけでなく、(2)彼らの赤化洗脳・思想教育 にも有ったであろう。生き延びた彼らは抑留を解かれて日本に帰国すれば、そのまま『コミンテルンの尖兵』として使える・・・陰険・陰惨なスターリンの目論見が知れる。


・それにしても〔マッカーサーGHQ〕が、「日本の民主化」を狙って当初、〔共産革命勢力〕と結託していたとは知らなかった。聡明なマッカーサーは、間もなくその『危険性』に気付いたのだろう。


・産経ニュース・[書評] から、記事を以下。


・「【麗澤大客員教授、西岡力が読む『日本占領と「敗戦革命」の危機』江崎道朗著 ギリギリで危機防いだドラマ】産経ニュース・[書評] 2018.9.30 11:00更新」


・「本書を読むと、昭和20年の終戦とその後の占領時代に共産革命が起きる寸前であり、それを〔昭和天皇〕や少数の〔保守自由主義者〕らが〔占領軍の反共勢力〕と手を組んでギリギリの所で防いだドラマがよく分かる」


・「しかし、この事実を保守派を含む多くの日本人が知らない。本書を書いてくれた江崎氏に心から感謝したい」


・「〔スターリン〕は米国や日本をはじめとする世界各国の政府、学界、言論界などに工作員を浸透させ、資本主義国同士を戦争させ、敗戦した国で意図的に経済的窮乏を作り出して社会を混乱させ、それを利用して共産党政権を樹立するという『敗戦革命』戦略を立てていた。そのことを指摘する著作は最近多く出ている」


・「本書の特徴はソ連の『敗戦革命』戦略に対してわが国がどのように対応したのかを描写していることだ。 大きく分けて終戦時のわが国には(1)右翼全体主義勢力、(2)保守自由主義勢力、(3)共産革命勢力が並存していた」


・「〔マッカーサー〕が率いる占領軍は当初、浸透していたソ連の工作員の影響で(3)を一番信頼し、(1)だけでなく(2)をも日本『民主化』の障害とみなしていたが、(2)の努力により(3)を排除する方向に占領政策を転換していった」


・「日本を愛する保守自由主義の価値観からある時代の全体像を描写しているという意味で、本書はまさに『江崎史観』と言ってもいい。東京裁判史観を否定しようとする日本の保守派は必ず読むべき名著だ」


・「私は歴史認識問題を考える中で、昭和天皇が昭和21年1月に出された新日本建設の詔勅に行き当たった。戦犯として裁かれる危険性があったあの時点で『朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、(略)日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ』と断言されて、日本が『世界征服を目指していたとするポツダム宣言を否定されている』ことを知り、強い感動を覚えた」


・「本書で江崎氏は同詔勅についてかなり長く論じているがこの部分の意味について触れていないことが少し残念だった。(PHP新書・1200円+税) 評・西岡力(麗澤大学客員教授)」・・・


《『日本占領と「敗戦革命」の危機』》


Photo_3


« 捕まえたのは道の駅の警備員:富田林脱走犯 | トップページ | これで二階幹事長が危ないな:沖縄・玉城氏当選 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そりゃ有ったろう、「日本敗戦革命の危機」:

« 捕まえたのは道の駅の警備員:富田林脱走犯 | トップページ | これで二階幹事長が危ないな:沖縄・玉城氏当選 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト