« 「2人で対応」の原則を破った警察の油断:交番襲撃 | トップページ | 〔小泉進次郎〕は、「政治屋一家」育ち »

外国人に嗤い飛ばされている日本サヨク

2018年09月22日
(外国人に嗤い飛ばされている日本サヨク)


https://www.sankei.com/life/news/180922/lif1809220023-n1.html


・〔ケント・ギルバート氏(カリフォルニア州弁護士)〕と〔ロバート・エルドリッヂ氏(元在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長)〕は、『日本バカ』と自らが言うような親日家である。


・その2人の〔外国人〕に『嗤い飛ばされている日本サヨク』は、思考停止した化石のようなものだ。いつかどこかの主婦が、「戦争を想起するので、自衛官の制服姿での通勤は止めろ!」と訴えたが、主婦だろうと学者であろうと、その「サヨク思想」の偏狭さに変りはない。


・ひとつの『外圧本』として読めば、日本人は結構「正鵠を射られている」ことに気付くだろう。


・産経ニュース・[編集者のおすすめ] から、記事を以下。


・「【もはや自衛官への人権侵害『平和バカの壁』】産経ニュース・[編集者のおすすめ] 2018.9.22 11:00更新」


・「8月半ば、埼玉県で『自衛隊主宰のイベント』が『共産党鴻巣市委員会など』の要請で中止された。北朝鮮情勢や立て続けに起こる災害に対応する自衛隊。その迷彩服や装甲車が戦争を想起させるという」


・「よく平気でそんなことが言えるものだと驚かされるが、いまだそこここにある『日本人の非常識な発言や行動』…。親日の“日本バカ”2人が、テレビが流し日本人が話す会話の正体を暴き出す」


・「よく耳にする『殺すより殺される方がいい』『誰が日本を攻める?』『話し合え』『日本は平和主義』などの会話はなぜ生まれるのか。『侵略者のプロパガンダ』、『日本の平和主義は不戦主義』のこと、などと著者は一刀両断する」


・「特に著者が強調するのが、『日本が自衛隊をリスペクトしていない異常事態』だ。国民が自衛官の制服を知らず行き過ぎた文民統制で縛り、人口減少を国防問題として捉えずに、力をことさら忌避する。『大学の軍事研究忌避』問題や、『募集への非協力』は自衛官に対するもはや『人権侵害だ』と著者は指摘する」


・「米国と比較して『平和』に隠された壁を探っていく本書。米国では国防に与党も野党もない。全国民が自衛隊に感謝と敬意を表し日本が正常化するために必読だ。(〔ケント・ギルバート〕、〔ロバート・D・エルドリッヂ〕著 /産経新聞出版・880円+税)」・・・


《『平和バカの壁』》


Photo

« 「2人で対応」の原則を破った警察の油断:交番襲撃 | トップページ | 〔小泉進次郎〕は、「政治屋一家」育ち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に嗤い飛ばされている日本サヨク:

« 「2人で対応」の原則を破った警察の油断:交番襲撃 | トップページ | 〔小泉進次郎〕は、「政治屋一家」育ち »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト