« 青山繁晴氏「憲法9条、国民を守る手段を否定」 | トップページ | 『国土防災省』が必要な時 »

関西空港の『孤立8000人』

2018年09月06日
(関西空港の『孤立8000人』)


https://news.nifty.com/topics/yomiuri/180906268270/


・関空孤立は、ハード面でもソフト面でも、「大阪の恥」を世界に曝したことになる。先ずはソモソモ論だが、(1)何で埋め立て出島空港でなく、(2)連絡橋・浮島空港だったのか?答えは『安上がり』という、「大阪では支配的な考え」である。


・その「安かろう、悪かろう」が今回一気に噴出したのだ。ガキが考えても、(1)大きな台風やら、(2)津波が来たらイチコロ が想像出来る。逆にまぁこの24年、大過なくやって来られた方が奇跡なのではないか。

・ニフティニュース から、読売新聞 の記事を以下。


・「【対応に憤り『ストレスたまった』…関空社長謝罪】読売新聞 2018年09月06日 14時13分」


・「台風21号の影響で約8000人が孤立した関西空港からの島外移送は6日午前にほぼ終わったが、5日深夜には対岸の鉄道駅などが帰宅困難になった旅行客らであふれた」


・「駅周辺で野宿したり、輸送先の神戸空港で一夜を明かしたりする人もおり、関空側の対応に憤りの声があがった」


・「旅行客らは対岸へ向かうバスや、神戸空港へ行く高速船で脱出したが、対岸との間をつなぐ連絡橋がタンカー衝突の影響による車線規制で渋滞したほか、高速船の数も足りず、輸送に時間がかかった」


・「バスが向かった南海電鉄泉佐野駅(大阪府泉佐野市)には終電前後もバスが次々と到着。駅周辺は一時、500人ほどが滞留し、タクシー乗り場に長い列が出来た」


・「終電に間に合わずに野宿した滋賀県内の男性(62)は『状況説明がないのでとにかくバスに乗ったが、近くに宿もなかった。深夜に放り出されるなんて』と疲れた様子だった」


・「高速船のピストン輸送が行われた神戸空港は5日、待合室を開放し、約50人が一夜を明かした。友人と沖縄旅行に行く予定だった大学4年の男性(21)(京都市北区)は『空港からの情報提供は少なく、高速船に並ぶのが遅れた。二つの空港に連泊するなんて、うんざり。きちんと説明してほしかった』と憤った」


・「輸送は6日朝に再開され、関空のバス乗り場には200人ほどが並んだ。関空で2晩を過ごした奈良県内の女性(50)は『5日は長蛇の列に並ぶ気にならず、やむを得ず関空に泊まった。説明がなく、ストレスがたまった』と不満を漏らした」


・「運営会社『関西エアポート』の〔山谷(やまや)佳之社長〕は、6日に開いた記者会見で『多大な迷惑をかけ、おわび申し上げたい』と頭を下げて謝罪。『防災センターが水没し、館内放送が使えなかったため、情報を十分に伝えられなかった。そうした際の別の伝達手段を用意しておくべきだった』と述べた」・・・


《空港を出た後の移動手段が無くなった旅行者ら(6日午前3時21分、大阪府泉佐野市の南海泉佐野駅前で)=前田尚紀撮影》


Photo_2

« 青山繁晴氏「憲法9条、国民を守る手段を否定」 | トップページ | 『国土防災省』が必要な時 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西空港の『孤立8000人』:

« 青山繁晴氏「憲法9条、国民を守る手段を否定」 | トップページ | 『国土防災省』が必要な時 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト