« チャイナの対抗策:米中貿易戦争 | トップページ | 貴乃花は「死ぬ気」じゃなかろうか? »

伊方原発3号機再稼働認める

2018年09月25日
(伊方原発3号機再稼働認める)


http://www.sankei.com/west/news/180925/wst1809250060-n1.html


・同じ広島高裁で、一旦は「運転停止仮処分」をしておきながら、今度は四国電力の異議申し立てが認められて「仮処分取り消し」だとよ。判事(裁判官)によってコロコロと判断が分かれるところが、我が日本の最大の恥曝しだ。


・いずれにせよ四国電力は頑張った!「9万年前の噴火で因縁を付けられてちゃ」堪ったものじゃない。さぁこれで「サヨクの吹き溜まり=北海道民」はどういう反応を示すのか?


・産経WEST から、記事を以下。


・「【伊方原発3号機再稼働認める 広島高裁決定 四電の異議認め差し止め取り消し】産経WEST 2018.9.25 13:38更新」


・「四国電力『伊方(いかた)原発3号機』(愛媛県伊方町)の運転を差し止めた広島高裁の仮処分決定を不服とした四電の申し立てによる異議審で、広島高裁(三木昌之裁判長)は25日、四電の異議を認め、仮処分を取り消す決定をした。3号機の運転が法的に可能になる」


・「争点は同原発から約130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラ(阿蘇山)の噴火リスクをいかに評価するかだった」


・「昨年12月の広島高裁決定は、約9万年前の大規模噴火を想定した上で『火砕流が原発に到達する可能性が小さいとはいえず、原発の立地に適していない』とし、高裁段階で初めて原発の運転を差し止めた」


・「異議審で四電側は、この決定について、火山活動の調査結果から『原発の運転期間中に大規模な火砕流が発生する巨大噴火が発生する可能性は非常に低い』と反論」


・「仮に想定する噴火が発生しても『広範囲で壊滅的な被害が出て、周辺住民が遠くに避難することはほぼ確実』とし原発による被害が出る危険性を否定した」


・「これに対し住民側は、現在の科学では火山が噴火する可能性や規模を正確に予測できないと主張。『大規模噴火の可能性が低いと考えることはできず、過去最大の噴火を想定した仮処分決定の判断に誤りはない』とし、改めて四電の噴火想定は不十分と訴えた」


・「伊方原発3号機は平成29年10月に定期検査で停止。今年2月に営業運転に入る予定だったが、昨年12月の広島高裁決定は今年9月末まで運転を禁止していた」・・・


《愛媛県伊方町の【伊方原発】》


Photo

« チャイナの対抗策:米中貿易戦争 | トップページ | 貴乃花は「死ぬ気」じゃなかろうか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊方原発3号機再稼働認める:

« チャイナの対抗策:米中貿易戦争 | トップページ | 貴乃花は「死ぬ気」じゃなかろうか? »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト