« 水難事故が相次ぐ〔ヘッドランド〕の“魔性” | トップページ | テレビドラマ『孤独のグルメ』が韓国で賞 »

朝日生命に苦情の電話が殺到

2018年09月04日
(朝日生命に苦情の電話が殺到)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15255415/


・長年「体操界をバックアップ」して来た〔朝日生命保険相互会社〕には、「とんだトバッチリ」で同乗する。ただ「金は出すが口も出す」というスポンサー精神を忘れ、漫然と「金だけ出していたのでは?」の謗りは甘んじて受けるべきだ。


・会社も大変な時だろうから、『朝日生命体操クラブ』を解散する好機ではないのか?


・ライブドアトピックス から、J-CASTテレビウォッチ の記事を以下。


・「【塚原夫妻『朝日生命体操クラブ』存続の危機!パワハラ問題で協賛見直し】J-CASTテレビウォッチ 2018年9月4日 12時45分」


・「日本体操協会の〔塚原光男副会長〕、〔塚原千恵子・女子強化本部長〕が経営する『朝日生命体操クラブ』が存続の危機に陥っていると、けさ4日(2018年9月)のスポーツ紙が一斉に報じたと〔宇賀なつみキャスター〕が伝えた」


・「〔朝日生命保険相互会社〕は同クラブを協賛しているが、塚原夫妻のパワーハラスメントに関する体操協会第三者委員会の調査結果によっては、協賛を継続するかどうか検討するとしている」


★苦情の電話が殺到


・「朝日生命クラブは〔塚原直也〕、〔内村航平〕、〔鶴見虹子〕ら数々の五輪選手を輩出してきた。ところが、パワハラ騒動で朝日生命に苦情の電話が殺到し、31日(2018年8月)までに600件にもなったという。なかには『保険を解約する』というのもあった」


・「朝日生命にしてみれば、『長年体操を支えてきたのが裏目に出て、大きくイメージを損ねる』結果になった。塚原夫妻が一転して〔宮川紗江選手〕に謝罪したいと言い出したのも、スポンサーの朝日生命から『このままでは応援を続けられない』と言われたからではないのか」


・「〔青木理(ジャーナリスト)〕は『保険の解約は筋が違う』といい、〔弁護士の菅野朋子〕も『何十年もバックアップしてきたのに』というが、こればかりは止めようがない」・・・

« 水難事故が相次ぐ〔ヘッドランド〕の“魔性” | トップページ | テレビドラマ『孤独のグルメ』が韓国で賞 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日生命に苦情の電話が殺到:

« 水難事故が相次ぐ〔ヘッドランド〕の“魔性” | トップページ | テレビドラマ『孤独のグルメ』が韓国で賞 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト