« 立憲民主党、こんなアホ集団が野党第1党の日本 | トップページ | 日本に蔓延する現状維持ムード »

反日教育の本性丸見え!

2018年09月07日
(反日教育の本性丸見え!)


https://www.sankei.com/sports/photos/180906/spo1809060029-p1.html


・これは「フェアプレー精神ない」などと批判するよりも、日本の敗戦から73年間、『南』が一貫して続けて来た『反日教育』の「本性丸見え!」と捉えるべきだろう。


・U18と言えば、「反日教育開始から考えても3世か4世」ではないのか。それはもうDNAと同じ意味だ。「フェアプレー精神」もクソも無い。もう「日本こそ仇敵・最大の悪人」と洗脳されているのと同じことだ。骨の髄からの「反日教信者」と言っていい。


・ただ救われるのは、グラブごと踏み付けにされた〔大阪桐蔭・中川卓也選手〕が、「キム選手が謝罪せずに去ったため、中川選手は声を上げて怒りをあらわにした」という下りだろう。昔の日本人なら「ひたすら我慢して、ヘラヘラ」していたと思う。日本の新世代は、ストレートに「声を上げて怒りをあらわにする」ことが出来たということだ。


・日本からの経済援助が欲しい『南』の大統領は、ツイッターで「北海道地震」などのお見舞いを書いている。本当に日本からの支援が欲しいのなら、「反日教育を改めろ!」「竹島を返してからにしろ!」と言ってやりたい。


・産経ニュース(フォト) から、記事を以下。


・「【韓国選手が〔大阪桐蔭・中川卓也〕のグラブ踏みつける .『「フェアプレー精神ない.』」と批判】産経ニュース・[野球U18アジア選手権] 2018.9.6 15:23更新」


・「5日に宮崎市の『KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎』で行われた野球の18歳以下による『U18アジア選手権』1次リーグの日本-韓国戦で、韓国選手がタッチした日本選手の手をグラブごと踏みつけるラフプレーがあり、ネット上で批判の声が上がっている」


・「日本は1-3とリードされた九回の守備で、二死二塁からの韓国の三盗を阻止した。完全にアウトのタイミングで、三塁手の〔中川卓也選手(大阪桐蔭)〕はグラブをベースの前に置く形でタッチしようとしたが、この際、二走の〔キム・デハン選手〕がスライディングした足でグラブを踏みつけた」


・「キム選手が謝罪せずに去ったため、中川選手は声を上げて怒りをあらわにした。 ツイッターではキム選手について『野球選手としてどうかと思う』『フェアプレー精神がない』といった意見が相次いでいる」・・・


《中川卓也選手の手をグラブごと踏みつけるキム・デハン選手の足=5日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(水島啓輔撮影)》


Photo

« 立憲民主党、こんなアホ集団が野党第1党の日本 | トップページ | 日本に蔓延する現状維持ムード »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日教育の本性丸見え!:

« 立憲民主党、こんなアホ集団が野党第1党の日本 | トップページ | 日本に蔓延する現状維持ムード »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト