« 傑作映画:【人情紙風船】のマンマの日本社会 | トップページ | 石破氏と参院竹下派は総裁選で「派手に負ける」べき理由 »

これが「警察の常識」:ビックリ!

2018年08月14日
(これが「警察の常識」:ビックリ!)


http://www.sankei.com/west/news/180814/wst1808140068-n1.html


・「目視の点検」って何だ? 今回の脱走事件とは関係ないが、容疑者が激昂した「ワッ!」とアクリル製版を押したらぶっ倒れて、接見中の弁護士や面会人が「大怪我」でもしたらどうなったのか?


・「点検」ってのは、「1にも2にも強度」だと思うのが一般常識だと思うが? 警察の「ブッ弛み」は、底無し沼のようだ。


・産経WEST・[富田林脱走] から、記事を以下。


・「【面会室のアクリル板、目視点検のみで強度確認せず 大阪府警】産経WEST・[富田林脱走] 2018.8.14 15:05更新」


・「大阪府警富田林署で12日夜、勾留中の男が弁護士と接見後に逃走した事件で、男に押し破られたとみられる面会室のアクリル板について、それまで目視の点検しか行われていなかったことが14日、府警関係者への取材で分かった」


・「実際に押すなどして強度を確認する方法はとっていなかった」


・「逃走したのは住所不定、無職の〔樋田(ひだ)淳也容疑者〕(30)。女性に性的暴行を加えるなどした容疑で5月以降に4回逮捕された。富田林署捜査本部は加重逃走容疑で全国に指名手配している」・・・


《後追い三味線・藤井寺駅警備》


Photo_3

« 傑作映画:【人情紙風船】のマンマの日本社会 | トップページ | 石破氏と参院竹下派は総裁選で「派手に負ける」べき理由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが「警察の常識」:ビックリ!:

« 傑作映画:【人情紙風船】のマンマの日本社会 | トップページ | 石破氏と参院竹下派は総裁選で「派手に負ける」べき理由 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト