« 今日・明日と【愛知県がんセンター】です | トップページ | 〔池江璃花子選手〕を誉めてくれるなら »

この絶望的な呑み方に、血液検査の結果は?

2018年08月22日
(この絶望的な呑み方に、血液検査の結果は?)


・6/19、私の『大阪の妹』の衝撃死から8/20まで53日間、「弔い酒」だと言いながら私はぶっ通しで「浴びるほどの酒」を呑んで来た。約8週間である。


・「何故だ?」の自問自答と、「あの時ああしていれば!」という後悔の念からだった。8/21、【愛知県がんセンター】の血液検査(検体検査)は騙せない。今日22日の巡礼外来ではいつも物静かな〔放射線診断部・山浦ドクター〕からも〔消化器外科・伊藤ドクター〕からも、「これはがん以前の問題で、このまま行けば死んでしまいますよ!」という苦言は覚悟していた。


・実は同じように私は、「西の空が茜色に染まるのを待って、気絶状態で倒れて眠るまで、浴びるように酒を呑んだ。そんな自暴自棄(じぼうじき)な毎日が、ぶっ通しで三週間も続いたのだろうか?・・・」という経験をしている。〔私のビジネスの師匠・垣さん〕を唐突に失った2006年の01月だ。


・自著:【生還へのフォアボール】にはこう記されている。 「垣さんが逝ってしまった悲しさと淋しさで、完全に自制心の箍(たが)が外れてしまった。γGTP数値の高い肝臓のことも、血糖値の高い糖尿のことも、どこかで剛速球を準備して、虎視眈々(こしたんたん)と私を狙っている【閻魔の遣い】のことも、もうどうでも良くなっていた」・・・


・あの折は本当に悲しくて、「自暴自棄」の表現がピッタリだった。ただ今回は少し違う。衝撃死が「私の『大阪の妹』」だっただけに、「愛惜」「哀切」の想いが溢れて、直ぐ泣けて来る。だから「溺れ酒」も尾を引いているのだと思う。


・さて、そんな状況下での今回の血液検査(検体検査)の結果である。主要なものだけ列記しよう。以下である。


(1)グルコース=157H(上限値109)
(2)HbA1c=5.6(上限値6.2)
(3)AST(GOT)=37H(上限値33)
(4)ALT(GPT)=25(上限値30)
(5)γGTP=270H(上限値47)
(6)CEA=2.3(上限値5.0)
(7)CA19-9=26.2(上限値37.0)


・【がんセンター医】として、最重要項目は(6)=「体内に腫瘍が無いか?」、(7)=「特に胃がんが浸透して膵臓に行っていないか?」であったろう。


・血糖値は主に(2)=「HbA1c」で診ているだろうし、肝臓の状態は(3)(4)で診ているだろうと予想する。だから2人のドクター共々、「問題ありませんね。次回は半年後の2019年02月26日の『肝臓MRI』としましょう」となったと思われる。


・さて今回のこのご加護は、「私の『大阪の妹』の必死の祈り」だなどとは欠片も思わない。私を「悲しみの淵に沈めた張本人」が、そんなことをする筈もない。やっぱり「私の両親の、子を思う祈り」だろう。私はそろそろ立ち直って、両親を安心させなければならない!・・・

« 今日・明日と【愛知県がんセンター】です | トップページ | 〔池江璃花子選手〕を誉めてくれるなら »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この絶望的な呑み方に、血液検査の結果は?:

« 今日・明日と【愛知県がんセンター】です | トップページ | 〔池江璃花子選手〕を誉めてくれるなら »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト