« 米が『宇宙軍』2020年までに創設目指す | トップページ | 米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」:トランプ発言? »

抗がん剤39日間連続投与、患者死亡

2018年08月10日
(抗がん剤39日間連続投与、患者死亡)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15140799/


・これは「恐るべき医師の怠慢」と、患者や家族の「ノーセンス」が重なって起きた医療過誤・死亡事故だろう。「患者が土手から転落して足を骨折するなどして入院」とあるから、入院先は『整形外科』だろう。


・そして「男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、親族がセンターに持参した」というが、〔国立病院機構関門医療センター〕なら、専門医も居ただろうに。通常は「他病院からの抗がん剤を、そのまま服用」させたりはしない。


・百歩譲って「そのまま服用させる」なら、その「他病院」に連絡して、『5日間連続で投与後、23日間投薬期間を空けること』くらい認識するだろう。亡くなった患者には気の毒だが、彼にもそういった認識・センスが無かったのかも。でなきゃ、こうした「信じられない医療過誤・死亡事故」など起きはしない!


・ライブドアトピックス から、読売新聞 の記事を以下。


・「【抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡】読売新聞 2018年8月10日 14時21分」


・「〔国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)〕は10日、70歳代の男性患者に対して抗がん剤を過剰に投与する医療ミスがあり、男性が副作用の影響で死亡したと発表した」


・「同センターによると、男性は2月中旬、土手から転落して足を骨折するなどして入院。男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、親族がセンターに持参した」


・「センターによると、この抗がん剤は『5日間連続で投与後、23日間投薬期間を空けること』になっている。しかし、医師は3月下旬まで39日間連続で投与した」


・「男性が口の中から出血したことから血液検査を実施。白血球や赤血球が減るなどしており、過剰投与が判明した。男性は感染症が悪化して6月上旬、多臓器不全などで死亡した」


・「センターは、医師や薬剤師らが抗がん剤の処方について認識が不足していたとしている。この日、記者会見したセンターの〔林弘人院長〕は『ご遺族に心からおわび申し上げ、再発防止に努めます』と陳謝した」・・・

« 米が『宇宙軍』2020年までに創設目指す | トップページ | 米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」:トランプ発言? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抗がん剤39日間連続投与、患者死亡:

« 米が『宇宙軍』2020年までに創設目指す | トップページ | 米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」:トランプ発言? »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト