« カジノ法案、参院委で可決。明日の本会議で成立へ | トップページ | 自衛隊員3万人を被災地投入 »

ニッキョーソの横暴を、最高裁がピシャリ!

2018年07月19日
(ニッキョーソの横暴を、最高裁がピシャリ!)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15035341/


・記事には書いてないが、「君が代斉唱時に不起立」とは『ニッキョーソ教員』に決まっておる。こ奴ら26人の言い立てを支持した『東京地裁』『東京高裁』の判事らも、サヨクカブレだったのだろう。どこかの「原発停止仮処分」を命じた判事らと同類だ。


・これは今日一の「胸スカ」記事だ。自国の国家を愛さず、侮蔑した態度を採るなら、先ず教員を辞めて当然だろ? それを定年まで「不満の三角眼」を通して、辞めてからも「再就職」だと? 世の中を舐め切ってやがる、ザマミサラセ!


・ライブドアトピックスから、時事通信社 の記事を以下。


・「【君が代不起立、元教員逆転敗訴=再雇用拒否の賠償認めず-最高裁】時事通信社 2018年7月19日 18時20分」


・「卒業式などの君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に退職後の再雇用を拒否されたのは不当として、東京都立高校の元教員ら26人が都に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は19日、都に賠償を命じた一、二審判決を取り消し、請求を棄却した」


★元教員側の逆転敗訴が確定した


・「元教員は2006~08年度の再雇用選考で不合格とされており、都教委の判断に裁量権の逸脱があったかどうかが争点だった」


・「山口裁判長は、再雇用の合否判断について、『基本的に任命権者の裁量に委ねられている』と指摘。当時は、希望者が全員採用される運用が確立していなかったなどとして、『都教委の判断が著しく合理性を欠くものであったとは言えない』と結論付けた」


・「一審東京地裁は15年、『客観的合理性や社会的相当性を欠き、裁量権の範囲を逸脱している』として、都に計約5370万円の賠償を命じ、二審東京高裁も支持していた」・・・ 

« カジノ法案、参院委で可決。明日の本会議で成立へ | トップページ | 自衛隊員3万人を被災地投入 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッキョーソの横暴を、最高裁がピシャリ!:

« カジノ法案、参院委で可決。明日の本会議で成立へ | トップページ | 自衛隊員3万人を被災地投入 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト