« 「変化球」台風12号、28日には本州上陸も | トップページ | クソッ!最悪の台風か12号? »

無惨! 太陽光発電所

2018年07月27日
(無惨! 太陽光発電所)


http://www.sankei.com/west/news/180727/wst1807270048-n1.html


・「想定外の豪雨が原因」と業者側は言い訳するが、「今回の豪雨」はもう「想定内」になってしまったのだ。自然を破壊して「ソーラーパネルを並べる斜面」を造り、か細い「発電能力」に期待した連中はハナから居なかった筈だ。みんな「欲に目が眩んだ連中」ばかりだ。


・『再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度』ってのがベラボーで、結局そのツケは我ら一般家庭の電気代に上乗せされて来たのだが、当然「一般家庭の鬱憤」が溜まりに溜まって、政治も「買い取り価格」を急降下させた。


・当然こんな馬鹿らしいことをやらかしたのは、『民主党:菅直人政権』である。この記事の醜態は、その残滓なのである。何がメガソーラーなもんか! 安倍ちゃんは全国に広がってしまったこの『自然破壊の元凶』を、何とかすべきだ。


・「買い取り価格の急降下」で、首を括った業者も多いと聞く。『アホ民主党政権』がやった「馬鹿の代表」のような『太陽光発電の残骸』を、日本中からトットと片付けろ!


・産経WEST・[西日本豪雨] から、記事を以下。


・「【太陽光発電所12カ所被災 1府4県 感電恐れ、注意呼び掛け】産経WEST・[西日本豪雨] 2018.7.27 16:40更新」


・「西日本豪雨による浸水や土砂崩れで、京都、兵庫、広島、山口、愛媛の1府4県の太陽光発電所計12カ所が機器の故障や破損などの被害に遭い、稼働できなくなったことが27日、経済産業省への取材で分かった」


・「各地で甚大な被害が出てから3週間。同省は、太陽光パネルが水没したり壊れたりしても光が当たれば発電し、感電する恐れがあるとして、不用意に近づかないよう呼び掛けている」


・「太陽光発電は、再生可能エネルギーの『固定価格買い取り制度』が平成24年に導入されて以降、個人住宅や売電目的の事業者による導入が広がった。今回の豪雨では、広範囲に浸水した岡山県倉敷市真備町地区で、住宅のパネルからの出火が複数発生している」


・「経産省によると、広島県で6カ所、愛媛県で3カ所、京都府と兵庫県、山口県はそれぞれ1カ所が被害に遭った」


・「被害状況は、8カ所が施設の浸水による機器の故障で、3カ所は土砂崩れでパネルが破損。残る1カ所、兵庫県姫路市の発電所の被害が最も大規模で、同県に大雨特別警報が出ていた7日未明、斜面の中腹部に設置された約3500枚のパネルのうち3割ほどが地面ごとずり落ちた」


・「運営する自然エネルギー事業〔グッドフェローズ〕(東京)は『想定外の豪雨が原因。発電所の閉鎖も含め検討しており、対応を急ぎたい』としている」


・「災害による太陽光パネルの損壊被害を巡っては、総務省が昨年9月、平成27~28年度に地震や豪雨、突風などで施設損壊が確認された自治体を抽出調査した結果、『自治体が危険性を住民に注意喚起せず、感電防止策を取らず放置されていた』ケースがあったなどと指摘していた」・・・


《無惨やのぅ!ソーラーパネルの崩壊現場》


Photo_3


« 「変化球」台風12号、28日には本州上陸も | トップページ | クソッ!最悪の台風か12号? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無惨! 太陽光発電所:

« 「変化球」台風12号、28日には本州上陸も | トップページ | クソッ!最悪の台風か12号? »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト