« 往生際の悪い『ポン』:第三者委員会 | トップページ | 「富士の樹海にでも入って死ねばよかった」のだ! »

支那人の食のマナーの悪さ

2018年06月11日
(支那人の食のマナーの悪さ)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14844592/


・『鍋奉行』が居るように、私は『焼肉奉行』だ。炭火焼肉だから網の上に一杯並べたら空気が流通せず、煙だけモウモウと上がって傍も迷惑する。相手が1人なら2枚ずつ焼く。相手が2人なら3枚ずつ。いつも「空気の流通」を考えている。


・婆さんはダメだ。焼き野菜を頼み、回りに一杯並べる。ガスバーナー時代の焼肉ならそれでも焼けたろう。見た目も甚だ悪い。何回言っても「一期一会」だから次回はまたオンナジだ。


・支那人が客で、「時間制限食べ放題」の店だったようだ。「欲の塊の支那人が一杯注文して、食い散らかす」様子が見えるようだ。しっかしま、日本人でも酷いのが居るよ。破線以下に、11年前に書いた『食品考(じきひんこう)』も掲載しておきました。


・ライブドアトピックスから、Record China の記事を以下。


・「【大阪の焼肉店の中国人追い出し騒動、『中国人の食べ方はたしかに問題』と自省の声も―中国メディア】Record China 2018年6月10日 23時40分」


・「2018年6月8日、中国メディアの今日話題に、『日本の焼肉店が中国人を追い出した』とする騒動について、中国人の間から『中国人の食べ方はたしかに問題』と自省の声が出ているとする記事が掲載された」


・「記事は、大阪の焼肉店で起きた騒動について、『中国人女性2人が中国語で話していたら、店員の態度が明らかに悪くなった。会計の時に指摘したところ、店側から『お金はいらないから帰ってくれと言われ、追い出された』と紹介した」


・「その上で『2人のそうした不満に対し、中国のネットユーザーから懐疑的な声が上がっている』と紹介。実際には女性客2人は制限時間をオーバーして食べていた上、食べ散らかし方も尋常ではなかった」


・「しかも『店員の態度が悪い』と撮影した動画は許可なく写しており、中国のネット上でも中国人客のほうに問題があるとのコメントが多数を占めていると伝えた」


・「記事は「『お客さまは神様のはずだ』『客に対する接し方とは思えない』『店員の態度はよくない』という指摘もあるが、『店にも客を選ぶ権利はある』とし、『お客さまは神様』という考えはあくまでその延長線上にあると指摘した」


・「記事はさらに、『人種や国籍、宗教などで客を拒否してはならない。だが店の商品価値を守るため客に一定の基準を設ける場合もあることを知り、今回のような事例を通じて自らの振る舞いを自省すべきだ』と伝えている。(翻訳・編集/岡田)」・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食品考(じきひんこう)
2007/06/20(水) 17:28:37

-高校3年の時に観てそのスケールの大きさに痛く感動した名画:【ベン・ハー】の中で、アラブの酋長がご馳走になった後の満足の証として、大きな“ゲップ”をベン・ハーに勧める場面が有り面食らったものだが、外国人が一様に日本人、特に淑女でも〈盛り蕎麦〉を大音響と共に啜り込む姿に驚愕するというのは、食事時に人前で大きな放屁をする淑女を見たというのと同じ位ショッキングだったんだよと、知り合いのイギリス人が私にコクっていた。ホント、お国が変われば“食の品格”も全く変わるものではある。

-さて日本では古来“食の品格”を下げる行いとして、


①クチャクチャと咀嚼音を立てる、

②立膝をする、

③肘を張って食う、

④渡し箸(骨上げのように箸から箸へ食べ物を渡す)をする、

⑤寄せ箸(器を箸で引き寄せる)をする、

⑥ねぶり箸(箸を舐める)をする、

⑦迷い箸(盤上に箸を彷徨わせる)をする、

⑧飯茶碗と汁椀を逆に置く、

⑨おカシラ付の魚を右向きに置く、

⑩放屁する、

⑪ゲップをする・・・・


あげつらったらキリが無いほど有る。昔のおふくろさん達は先行きわが子が恥をかかないよう、家は皆貧しくとも幼い頃から“箸の持ち方”“箸作法”“魚の身の取り方”etc.懇切に教え込んだものだ。


ーしかし長い営業人生だったが故に、夕食を殆ど外でして来た経験から様々な〈食の変格〉に遭遇して来た。少々ご紹介し、他山の石とされんことを笑望する。


1.おでん好きなのは分かるが、載ったおでんを全部ひと齧りずつして、皿上を死屍累々状態にする人。気持ち悪くて傍目にも皿を見られない。

2.咀嚼中のモノで一杯になっている口を大きく開けて笑う人。怖(コワ)気持ち悪い。

3.何でも唐辛子で真っ赤にしてしまう人。こっちの痔が疼く。

4.何でもマヨネーズ絞る人。便意を催す。

5.胡坐の指股をやたら掻く人。箸から水虫が伝染して来そう。

6.爪楊枝で耳掃除する人。粉が飛んで来るがや!

7.乾杯のビールをウガイして飲み込む人。頭攪乱!

8.トイレで吐いちゃぁ蘇生する人。根性は買うが鼻から糸コン出ていたのは思い出すたび気持ち悪くなる・・・・・


-ま、十人十色で困った人達も居るもんだが、“食の品格”で最低と言えるのは

〈仏頂面で砂を噛む風情で食する人〉

ではあるまいか?煙幕を身に纏っているが如くムンムンに暗い雰囲気を身辺に漂わせ、箸を持つ手も重いのか?という大儀そうな動きで箸を口に運び、ロクに開けない唇の間に食い物を押し込む。咀嚼中も眉間に皺、呑み込んだ後には溜息さえ出る。


ー気難しいこういった客も、こちとらの明るさ・エネルギーで何とか何十何百と捌いては来たが、大抵送った後には呑み直しで丑三つ時を跨いでしまったものだ。我が身に省みて、品の良い酒と品の良い楽しい食を続けねば、若い人から〈因業ジジイ!〉と陰口を叩かれる歳になってしまったと心を戒める昨今である。(了)

« 往生際の悪い『ポン』:第三者委員会 | トップページ | 「富士の樹海にでも入って死ねばよかった」のだ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支那人の食のマナーの悪さ:

« 往生際の悪い『ポン』:第三者委員会 | トップページ | 「富士の樹海にでも入って死ねばよかった」のだ! »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト