« 素手で『ナタ』に立ち向かったのは無謀だ | トップページ | 新聞は、「危機に備える報道」をせよ! »

本(週刊誌も含め)が売れなくなった

2018年06月10日
(本(週刊誌も含め)が売れなくなった)


http://www.sankei.com/premium/news/180610/prm1806100008-n1.html


・「本(週刊誌も含め)が売れなくなった」ことを、この記事はデータで示している。記事の「興味」を牽くために、タイトルは【『新潮』の腹のくくりっぷり 『紀州のドン・ファン』変死】になっているが、内容は「ネット閲覧時代が来ている」ということだろう。


・産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈672〉] から、記事を以下。


・「【『新潮』の腹のくくりっぷり 『紀州のドン・ファン』変死】産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウオッチング〈672〉] 2018.6.10 09:00更新」


・「『日本ABC協会(Audit Bureau of Circulations=新聞・雑誌部数公査機構)』による2017年下半期(7~12月)の雑誌実売部数が発表された。『週刊文春』が不動の28期(14年)連続1位」


・「その『文春』でさえ、前年同期と比べると15%減。下げ幅の大きかった『週刊現代』は21・3%減だから厳しい」


 (1)『週刊文春』36万3159

 (2)『週刊現代』24万6735

 (3)『週刊新潮』24万2440

 (4)『週刊ポスト』22万4530

 (5)『週刊大衆』7万7121

 (6)『週刊朝日』7万7079

 (7)『週刊アサヒ芸能』5万8019

 (8)『AERA』4万9150

 (9)『サンデー毎日』3万9665

 (10)『ニューズウィーク日本版』3万0113


・「ただしデジタル版『読み放題』のUU(ユニークユーザー=ウェブサイトに訪れた人の数)を比較すると、様相がガラリと変わってくる。


 (1)『FRIDAY』41万9579

 (2)『FLASH』34万9554

 (3)『週刊文春』23万0574

 (4)『SPA!』22万4744

 (5)『週刊現代』19万8653

 (6)『週刊プレイボーイ』17万4682

 (7)『週刊ポスト』17万3987

 (8)『週刊新潮』14万8968


『見る』という点では『デジタル版』が圧倒的に強いことがよくわかる」


・「『4000人の女性に30億円つぎ込んだ』と豪語していた“紀州のドン・ファン”こと〔野崎幸助氏〕の怪死事件。 テレビのワイドショーが連日報じ、週刊誌も『文春』『新潮』『現代』『ポスト』がそろい踏み」


・「結婚して3カ月半。55歳年下の妻に疑いの目が向くのはある意味当然で、『文春』では実母でさえ〈『でも、どう見たって娘が怪しいですよね』〉 このコメントはよく取った」


・『新潮』は妻を実名で報じ、彼女の写真もそのまま掲載(他誌は全誌、目線入り)。腹のくくりっぷりが違う。 (花田紀凱=月刊『Hanada』編集長)」・・・

« 素手で『ナタ』に立ち向かったのは無謀だ | トップページ | 新聞は、「危機に備える報道」をせよ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本(週刊誌も含め)が売れなくなった:

« 素手で『ナタ』に立ち向かったのは無謀だ | トップページ | 新聞は、「危機に備える報道」をせよ! »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト