« 高英姫(コ・ヨンヒ)のこと:在日2世 | トップページ | 〔佳子さん〕の英国留学からの帰国 »

大谷の『ベーブ・ルース』への挑戦は終わったが

2018年06月11日
(大谷の『ベーブ・ルース』への挑戦は終わったが)


https://trc.taboola.com/yahoojp-topics/log/3/click?pi=%2Fpickup%2F6285849&ri=41cdf8081418bd734a7c08a48ec6a182&sd=v2_647cd7f4d5b1346c091155aaf02826a7_afefda2c-f16f-4103-b6a3-1bb213ff018a-tuct1e60de6_1528722710_1528722710_CNawjgYQypxAGOK25fe-LCABKAMwbziWrQtAm7kLSOiYGVDC9hc&ui=afefda2c-f16f-4103-b6a3-1bb213ff018a-tuct1e60de6&it=text&ii=4181210154309294845&pt=text&li=rbox-t2m&sig=ad930a5052f052305e56c664a0d391cd66703bfb8c7a&url=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Fpickup%2F6285749&vi=1528722709346&r=29&ppb=COUC&cpb=Eg4zMTAtMTctUkVMRUFTRRiDESCc__________8BKhloay50YWJvb2xhc3luZGljYXRpb24uY29tMgh3YXRlcjYxMTiAou_WDECWrQtIm7kLUOiYGVjC9hc


・それにしても「何て長いhttpなんだろ!」長ければいいってもんじゃ無いだろ。


・〔大谷翔平投手〕の二刀流『ベーブ・ルース』への挑戦は、『泡沫(うたかた)の夢』となってしまった。今シーズンを棒に振るか、出て来ても終盤だろう。やっぱり〔ベーブ・ルース〕の『投手として13勝・打者として11本塁打』は、途方も無い壁だったのだ。


・人間「諦めが肝腎!」、来期からは二刀流は諦め、「投手一本」に専念すべきだ。先輩の〔ダルビッシュ〕〔マー君〕〔マエケン〕らも手薬煉(てぐすね)引いて待っていると思うよ。


・しっかしま、女房役の〔マルドナド捕手〕の「ちょっといい話」だ。「スプリット」連投の大谷だが、日本の〔桑田真澄〕氏が言うように「山なりのカーブ」をマスターする、いい機会なのかも知れないよ。大谷!進化の一服だと思った方がエエぞ!


・YAHOOニュースから、日刊スポーツ の記事を以下。


・「【何度もSOS…大谷異変感じた捕手が完全断裂回避へ】日刊スポーツ 6/11(月) 7:42配信」


〈We love Baseball〉


・「エンゼルス〔大谷翔平投手〕(23)を最悪の事態から救ったのは、女房役のリスクマネジメントだった。7日(日本時間8日)に右肘内側側副靱帯(じんたい)を痛め、故障者リスト(DL)入りしたが、それがなければ、もっとひどいことになっていたかもしれない」


・「〔マルドナド捕手〕は6日(同7日)のロイヤルズ戦で、大谷の投球練習中に異変を感じ、キャッチャーミットでベンチの首脳陣に向かって何度も『来てくれ』と合図を送った。その間も、投げ続けていた大谷は、〔ソーシア監督〕とトレーナーが駆け付けても『大丈夫』といった口ぶりで、続投を志願している様子だった」


・「結果的に交代したが、マルドナドからのSOSが出されていなければ、間違いなく大谷は何食わぬ顔で投げていただろう。今回は『グレード2』で、靱帯(じんたい)の損傷か、もしくは部分断裂」


・「ひとまず手術は回避したが、そのまま投げ続けていれば、右手のマメをかばいながらで、肘にも負担がかかったはず。完全断裂という最悪のケースもあり得た」


・「大谷は以前、『リスクマネジメントをするのが捕手の仕事』と言った。それは例えば、1点リードの場面で本塁打を回避するためにあえて四球を与えるなど、配球に関する危機管理のこと。今回はそれ以上に、投手生命にも関わる危険をギリギリで回避した形になった」


・「リスクマネジメントはビジネス用語でもよく使われる言葉。大谷は『ビジネスパートナーです』と冗談めかしながら信頼を寄せるマルドナドに救われた」


・「普段から仲良くコミュニケーションを取り、時にはプエルトリコ出身のマルドナドとスペイン語で話したりもするという。ただ試合でマウンドに上がれば、投げたい意思が人一倍強くなる大谷。そんな性格も女房役は理解する」


・「だからこそ、ストップをかけた。『僕たちは家族なんだ。つらいのは分かる。みんなでサポートしていく』。繊細な捕手の感覚が、今後も大谷の助けとなるはずだ。【MLB担当 斎藤庸裕】」・・・


《6日、初回の投球を終え捕手マルドナド(右)と話しながらベンチに戻る大谷(撮影・菅敏)》


Photo_2

« 高英姫(コ・ヨンヒ)のこと:在日2世 | トップページ | 〔佳子さん〕の英国留学からの帰国 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷の『ベーブ・ルース』への挑戦は終わったが:

« 高英姫(コ・ヨンヒ)のこと:在日2世 | トップページ | 〔佳子さん〕の英国留学からの帰国 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト