« 習主席もシンガポール入りか?:『豚小僧』の専用機では無理 | トップページ | 日本人のDNAは、古代ユダヤ人と共通 »

お姉ちゃんの家出:メドベージェワ

2018年05月13日
(お姉ちゃんの家出:メドベージェワ)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14706879/


・私は〔エフゲニア・メドベージェワ〕(18)の判断は正しいと思う。4年後の北京では、自身22歳になっているし、ライバルの〔ザギトワ〕(15)も19歳になっているし、他に〔トゥルソワ〕(13)も17歳に、〔コストルナヤ〕(14)も18歳に、〔タラカノワ〕(13)も17歳になっている。


・練習拠点をカナダ(トロント)に移し、〔ブライアン・オーサー・コーチ〕(56)の指導を受けているのは、日本の〔羽生結弦選手〕も同じだし、第一今後も「ロシアの『サンボ70』の所属選手という立場で試合出場をしていく」としているのだから、カワユイではないか。頑張れ!〔メドベージェワ選手〕!


・ライブドアトピックスから、THE PAGE の記事を以下。


・「【世界に波紋。〔メドベージェワ〕のロシアを離れるコーチ変更は成功するのか?】THE PAGE 2018年5月13日 6時30分」


・「平昌五輪の銀メダリスト、〔エフゲニア・メドベージェワ〕(18)がロシアからカナダに練習拠点を移しコーチを変更する問題が波紋を広げている」


・「メドベージェワは、先日、ロシアの“鉄の女“と呼ばれるほどの厳しい指導で知られる〔エテリ・トゥトベリーゼ・コーチ〕(44)の元を離れ、練習拠点をカナダ・トロントに移して〔ブライアン・オーサー・コーチ〕(56)の指導を受けることを明らかにした』


・「オーサー・コーチは平昌五輪で連覇を果たした〔羽生結弦〕(23、ANA)の担当コーチ。女子選手では、かつてバンクーバー五輪の金メダリスト、〔キム・ヨナ〕(27、韓国)を指導した」


・「環境とコーチを変えることはスケーターにどんな影響を与えるのか? 2022年の北京五輪を狙うメドベージェワは、オーサー・コーチとのタッグで雪辱の金メダルを獲得することができるのだろうか?」


・「フィギュアスケート界では練習拠点とコーチを変更することは珍しくない。最近では〔本田真凜〕(16)が、関大のリンクと〔浜田美栄コーチ〕の元を離れ、米国ロスへと拠点を移し今年の世界選手権王者である〔ネイサン・チェン〕(19、米国)を指導している〔ラファエル・アルトゥニアン・コーチ〕に変更した」


・「元全日本2位で現在、後進を指導している〔中庭健介氏〕は、『タイミングとしては五輪後に行われることが多いですね。次の五輪までの4年間というスパンで、様々な理由で環境やコーチを変える選手が出てきます』」


・「『成功する人もいれば、失敗する人もいます。慣れない他国での生活にストレスを感じて練習に集中できないというパターンの選手もいます。難しい選択であることは確かです。ただ、全ては選手自身がこれからどうしたいか?どうなりたいか?その環境、コーチを変えた目的や理由によって成否は変わってくると思います』と説明する」


・「過去の成功例で言えば、トリノ五輪金メダリストの〔荒川静香氏〕は、ロシアの〔タチアナ・タラソワ・コーチ〕からアメリカ在住だった〔ニコライ・モロゾフ・コーチ〕へ指導者を変更したことが快挙へとつながった」


・「オーサー・コーチに師事する〔ビエル・フェルナンデス〕(スペイン)も平昌五輪で銅メダルを獲得した成功例」


・「だが、一方で〔パトリック・チャン〕(カナダ)は、環境、コーチの変更を繰り返して、うまくいかず、キム・ヨナ(韓国)も、バンクーバー五輪での金メダルを獲得後、オーサー・コーチと決別」


・「非難の応酬合戦を演じたあげく、一時、ロスを拠点とする〔ミッシェル・クワン〕の義兄、〔ピーター・オペガード・コーチ〕に変更したが、ソチ五輪前には、韓国のコーチに変えるなどコーチ問題で紆余曲折して五輪連覇を逃している」


・「環境、コーチ変更は、時には失敗をも伴う『ハイリスク、ハイリターン』なのだ。 平昌五輪でのメドベージェワはフリーの点数は、同門の15歳、〔アリーナ・ザギトワ〕と同じだったが、合計得点で1.31点及ばずにザギトワが金メダル、彼女は銀メダルに終わっていた」


・「のちにトゥトベリーゼ・コーチが暴露した話によると、五輪会場を去る際、メドベージェワは同コーチに『ザギトワは、あと1年はジュニアだったはずが、なぜ?』と不満を投げかけ、『私は誰にでも平等にチャンスを与える』と返す“行き違い”があったという」


・「メドベージェワとザギトワの2人は、同じ『サンボ70』というロシアの施設で幼年期からトゥトベリーゼ・コーチの厳しい英才教育を受けてきた。だが、どうしても複数のトップ選手が、同じコーチの指導を受けるとなると、指導時間や、その温度差の違いなど様々な問題が発生して、アスリート特有の『なぜ私だけを見てくれないのか』という嫉妬などの微妙な感情が飛び交う」


・「しかも、同傘下には、女子で4回転ルッツを初めて成功した〔アレクサンドラ・トゥルソワ〕(13)や、〔アリョーナ・コストルナヤ〕(14)、〔アナスタシア・タラカノワ〕(13)らの次世代の逸材が、目白押し。北京五輪で22歳になるメドベージェワにしてみれば、不満に加えて焦りもあったのかもしれない」


・「右足中足骨の骨折を無理して五輪に出場していたメドベージェワは、五輪後の世界選手権は欠場、休養期間をつくった。その間に考えが煮詰まったのだろう。4月22に韓国でのアイスショーに出演した際、そこでオーサー・コーチと面会、指導を正式に依頼してオーサー・コーチも了承した」


・「その際、オーサー・コーチも、移籍理由を聞かなかったし、メドベージェワも多くを語らなかったという。 前出の中庭氏は、今回の移籍騒動と今後の可能性をこんな風に見ている」


・「『難しい選択となったことは間違いありません。彼女はこれまでの慣れ親しんだ環境より、新しい環境でのチャレンジを選びました。彼女は多くを語りませんが、これまでの彼女の色々な人間性や、トップアスリートとしての面を考えると、“今までとは違う新しい自分になりたい”という向上心が非常に強いと思います。それが一番の決め手になったのではないでしょうか』」


・「【コーチが変われば、今まで以上に新しい学びや発見ができます。長年にわたり培われた彼女の持つ力との融合により、誰もが想像できないメドベージェワになると思います。また振り付け師も変わることにより、新しいプログラムと振り付けで、これまでと違ったメドベージェワの一面を見ることができると思います』」


・「振り付けは、キム・ヨナの振り付けを担当していた〔デビッド・ウィルソン氏〕が担当するという」


・「アスリートは主体性が芽生えたとき成長すると言われている。一方で徹底した管理の下、“やらされる練習環境”にいて考えることをしなかったアスリートは環境が変わったときに戸惑い、伸び悩むこともよくある。そういう意味では、“解放”を求めたメドベージェワの挑戦は、一つの賭けになるだろう」


・「メドベージェワは、オーサー・コーチの指導を仰ぐことを伝える公式文に『(練習拠点とコーチを変える理由は)新しい可能性と別の練習方法を試したいという理由と、ロシアをもっと高いレベルに引き上げ続けるためです。時がたてば、真面目に努力して練習を続けることが、私とトゥトベリーゼ・コーチの両方にとって、これが唯一の選択肢だったと理解される日が来ると信じております』と書き込んだ」


・「今後も『サンボ70』の所属選手という立場で試合出場をしていくというが、ロシアのフィギュア界からは、11年にわたる師弟関係に終止符を打ち、ライバル国のコーチに変更したメドベージェワの行為を“裏切り”と見て、厳しい逆風が吹いている」


・「メドベージェワは、今月下旬に来日、日本でのアイスショーに数試合出場した後、6月からオーサー・コーチのいるカナダの「クリケットクラブ」に合流予定だという」・・・


《平昌五輪では金の〔ザギトワ〕(左)と銀の〔メドベージェワ〕(右)を〔トゥトベリーゼ・コーチ〕(中)が抱き寄せ蜜月に見えたのだが(写真・アフロ)》


Photo_3

« 習主席もシンガポール入りか?:『豚小僧』の専用機では無理 | トップページ | 日本人のDNAは、古代ユダヤ人と共通 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お姉ちゃんの家出:メドベージェワ:

« 習主席もシンガポール入りか?:『豚小僧』の専用機では無理 | トップページ | 日本人のDNAは、古代ユダヤ人と共通 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト