« 日本の野党がアホやってる間に、国家間の戦争が始まった! | トップページ | 『在韓米軍』:トランプよ、しっかりしろ! »

〔大谷〕は「一粒で二度美味しい!」

2018年05月11日
(〔大谷〕は「一粒で二度美味しい!」)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14699857/


・〔大谷翔平〕選手のニュースは、先ず『速報』があり、暫くして必ず『詳報』が出される。やっぱり野球はアメリカの『国技のひとつ』であり、野球で食っている『記者・評論家』が多いからだろう。この記事も、「切り口」が実に面白い。


・未だ「ホンにチョイ」の大谷データなのに、〔ベーブ・ルース〕だの〔テッド・ウイリアムス〕だの〔ジョー・ディマジオ〕だのと、『野球の神々』や『野球連峰の高峰たち』と比較されるなんざ、「MLB新人冥利に尽きる」のではないか!


・昨日私は、投稿で「彼はご存知のように『右投げ・左打ち』の投手であるから、元来は『右利き』の筈である。〔イチロー〕外野手と同じように、1塁に近い『左打ち』を選択したのだろうが、フアンとしてはハラハラする」


・「MLBの投手は曲者揃いである。大谷は打席で常に『剛速球右腕』をそのMLB投手に曝け出していることになる。『右腕攻めのデッドボール』でも喰らわなきゃいいがと、この『76歳』は心配でならない」・・・と書いたが、「『剛速球右腕を敵投手に曝す』という、そんな大きなリスクを抱えても、1塁ベースに近い」というメリットを選んでいたのだ??


・ライブドアトピックスから、フルカウント の記事を以下。


・「【[MLB]大谷、179キロ“弾丸適時打”も…驚異のスピード『エ軍最速』8.07秒で二塁到達】フルカウント 2018年5月11日 13時28分」


〈打球速度にも地元記者は唖然 『彼はほとんど毎回強打を放つ』〉


・「エンゼルスの〔大谷翔平投手〕は10日(日本時間11日)の本拠地ロッキーズ戦に『5番・DH』で先発出場し、3回の第2打席でタイムリー二塁打を放った」


・「右中間への当たりは外野手の間を抜けなかったものの、快足を飛ばしてセカンドへ滑り込みセーフに。地元メディアによると、二塁到達8.07秒はエンゼルスの今季最速タイムとなったという」


・「2回の第1打席は空振り三振に倒れていた大谷。しかし、エンゼルスはこの回〔キンズラー〕の2ランで先制し、3回にも〔アップトン〕のソロ弾で追加点。さらに、〔プホルス〕が二塁打を放ち、大谷に2死二塁の好機で打席が回ってきた」


・「大谷はカウント1-1から右腕〔ベリオス〕のチェンジアップを捉え、痛烈な打球を右中間へ運ぶ。プホルスは二塁から激走で生還。打球は外野手の間を抜けず、深い守備位置をとっていた右翼の〔プラー〕が抑えたものの、大谷は一気に二塁へ。スピードに乗ったまま滑り込み、タイムリーツーベースとした」


・「地元紙『オレンジ・カウンティ・レジスター』の〔ジェフ・フレッチャー記者〕は『打点を記録したオオタニの二塁打の打球初速は111マイル(約178.64キロ)だった。彼はほとんど毎回強打を放つ』とツイート。その打球の強烈さに感嘆している」


〈オオタニは8.07秒で二塁に到達。エンゼルスの今シーズンこれまでで最速〉


・「さらに、MLB公式サイトの〔デビッド・アドラー記者〕はより詳細にレポートした。 『ショウヘイ・オオタニがホセ・べリオスから打点を記録する二塁打を放つ。初速111.4マイル(約179.28キロ)。スプリントスピードは秒速28.9フィート(約8.8メートル)』」


・「『オオタニは8.07秒で二塁に到達した。その数字はエンゼルスの今シーズンこれまでで最速の二塁打となっている。(二塁到達タイムがそれを上回っている記録が確かに1つあるのだが…それにあたるのは、4月12日にオオタニが三塁打を放った際の、二塁到達時7.94秒である)』」


・「チームの“上位2つ”の記録を大谷が占めているという。まさに、驚異のスピードと言える。さらに、米メディア『ジ・アスレチック』やMLB公式サイトでも記事を書く〔アレックス・パターマン記者〕は、『ショウヘイ・オオタニは68打席で9本の長打をこれまでに放っている』」


・「『それは7.6打席に1本の割合での長打となる。〔ベーブ・ルース〕は7.8打席に1本の確率だった。ショウヘイ・オオタニは、ベーブ・ルースを凌ぐ割合で長打を打っている』」


・「『ショウヘイ・オオタニのキャリア通算長打率は〔テッド・ウィリアムス〕に匹敵し、キャリア通算出塁率は〔ジョー・ディマジオ〕に匹敵する』と、偉人たちの数字とも比較し、わずかなサンプルながらそれに匹敵する大谷の凄さを伝えている。 あらためて大谷の能力の高さを印象づける一打となった。 (Full-Count編集部)」・・・


《第2打席でタイムリー二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】》


Photo_2

« 日本の野党がアホやってる間に、国家間の戦争が始まった! | トップページ | 『在韓米軍』:トランプよ、しっかりしろ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔大谷〕は「一粒で二度美味しい!」:

« 日本の野党がアホやってる間に、国家間の戦争が始まった! | トップページ | 『在韓米軍』:トランプよ、しっかりしろ! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト