« チャイナは先ず『知的財産保護法』から | トップページ | 禄でもないコリアン5000人:金塊密輸 »

濡れたイチローの目は悔し涙か感動の涙か

2018年05月04日
(濡れたイチローの目は悔し涙か感動の涙か)


http://www.sankei.com/west/news/180504/wst1805040032-n1.html


・久々の〔チチローさん〕の登場だが、私は〔イチロー外野手〕の濡れた目には「現役引退の悔しさ」が感じられてならない。


・今更日本に帰っては来ないだろうし、『球団特別補佐就任』に来年は無い。今は只、「シアトル・マリナーズから野球殿堂入り」するのが、今年行き場が無かった〔イチロー外野手〕を拾ってくれたマリナーズねの「恩返し」だろう。


・産経WEST・[MLB] から、記事を以下。


・「【イチロー選手の球団特別補佐就任『マリナーズに親孝行』」父や元コーチ感慨深く】産経WEST・[MLB] 2018.5.4 16:42更新」


・「米大リーグの〔イチロー選手〕(44)が球団の『会長付特別補佐』に就任したことを受け、父の〔鈴木宣之さん〕(75)は4日、愛知県豊山町の自宅近くで報道陣の取材に応じ、『球団を親と考えて、良い選手を育てること。マリナーズに親孝行してほしい』と期待を語った」


・「イチロー選手の記者会見は今朝、妻とテレビで見守ったという。来季は選手としてプレーする可能性はあるものの『自然とこみ上げるものがあった。来るときが来たなという気持ち』と感慨深げに話した」


・「イチロー選手の母校、〔愛工大名電高野球部〕の現監督で当時はコーチだった〔倉野光生さん〕(59)は、『いろいろな思いがあったと思うが、全てをチームにささげると言った彼らしい選択。野球に対する情熱や姿勢が評価された結果」と称賛。『日本初の大リーグ監督になってほしい』とエールを送った」(解説:そうか、『日本人初の大リーグ監督』ってことも有るな!)


・「一方、同高の監督だった〔中村豪さん〕(75)は『体つきを見てもまだ選手としてやれそう』。特別補佐就任で日本球界復帰の可能性がなくなったことに『選手として戻って来てほしかった』」と残念がった」・・・


《イチローの目が濡れている》


Photo_5

« チャイナは先ず『知的財産保護法』から | トップページ | 禄でもないコリアン5000人:金塊密輸 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濡れたイチローの目は悔し涙か感動の涙か:

« チャイナは先ず『知的財産保護法』から | トップページ | 禄でもないコリアン5000人:金塊密輸 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト