« 強制送還して再入国禁止:問題外国人 | トップページ | 日大は必死で「監督指示ではない」の一点張り »

三社祭危うし!:浅草観光連盟と浅草寺の軋轢

2018年05月16日
(三社祭危うし!:浅草観光連盟と浅草寺の軋轢)


https://news.nifty.com/topics/postseven/180516242318/


・悪いが、私はこの「隈研吾氏・設計」の【浅草文化観光センター】の佇まいが、奇妙奇天烈で大嫌いである。浅草寺が「観音様を見下ろす8階建てのビルはいかがなものか」と反対したそうだが、本当はこの、敗戦後の「バラックの巨大版」ってか、震災前の神戸のアチコチで見られた「違法建築の増殖版」のような「隈研吾氏・設計」が嫌いだったのではないか?


・〔隈研吾氏〕は『浅草観光連盟』の後ろ楯で一気に有名になり、とうとう【2020東京五輪&パラ五輪】のメーンスタジアムの設計まで任されることになった。私は正直ドン引きだが、「これだけ国内が2020に向けて盛り上がらない要因のひとるが、私同様に多くの国民がドン引きしているのではなかろうか?


・1400年前、3人の漁師によって海中から引き揚げられた観音様を祀る浅草寺だが、この「3人の漁師」も後に神と崇(あが)められて『三社様』となった。それを今に伝える【浅草三社祭】なのだが、外国人の日本旅行人気スポット:浅草寺にとって、『浅草観光連盟』による【三社祭】は、今や「目の上のたんこぶ」のようで、【浅草三社祭】も恐らく「今年が見納め」になると思う記事である。


・ニフティニュースから、NEWSポストセブン の記事を以下。


・「【三社祭、浅草寺からの注文で『今年で最後』の危機】NEWSポストセブン 2018年05月16日 16時00分」


・「毎年200万人近い見物客がくることで知られる東京・浅草の【三社祭】が、危機的状況にさらされているという──。エッサ、オイサ、エッサ、オイサ、エッサ、オイサ――地鳴りのような低い声が下町に響き渡ると、東京に初夏の訪れが告げられる」


・浅草の三社祭。200万人近い見物客もさることながら、全国各地から1万人ともいわれる『「担ぎ手』が集まっての神輿の練り歩きは圧巻だ。今年は5月18日から3日間、捻り鉢巻きに、半纏(解説:はんてん)をまとった男たちが、濁流のように下町を駆け抜ける」


・「しかし、今年の本番を前にして、担ぎ手団体の幹部が頭を抱えていた。『700年以上の歴史を持つ三社祭も、今年で見納めかもしれません。浅草寺サイドから祭りの時間と場所を制限されてしまって…』」


・「今や東京観光の代表格になった『浅草寺』は今から約1400年前、海から引き揚げられた観音像を祀ったのが始まりだ。寺のすぐ隣にある『浅草神社』はその観音像を引き揚げた3人の漁師を祭神としているので、“三社様”と呼ばれて親しまれている」


・「『三社祭は、浅草神社の氏子の各町と浅草神社奉賛会によって運営されています。だから厳密に言えば、浅草寺は協力しているだけの立場。その浅草寺サイドから祭りの運営について、いろいろな“注文”がつき、“これでは来年から祭りはできない”という声が上がっています』(前出・担ぎ手団体幹部)」


・「2日目の正午に行われる『連合渡御』は、祭りの大きな見所の1つ。浅草氏子の各町の『町内神輿』の約100基が浅草寺の本堂裏広場に一堂に会し、1基ずつ出発して浅草神社で御祓いを受け、各町会を練り歩いていく」


・「『今年は“工事車両が入るから”という理由で本堂裏広場の一部が使用禁止になったんです。そうなるとスペースの問題で、すべての町内神輿が入りきらなくなり、一部が敷地外で待機することになります。一堂に会する壮観さが見せ場なのに台無しです。どうして突然…』(氏子の1人)」


・「最大の問題が、最終日に行われる祭りのクライマックスの『宮出し』だ。浅草神社の3人の神様をのせた『本社神輿』の3基が、浅草寺の境内を練り歩いた後、神輿は各町会の担ぎ手にリレーされて町内を巡る」


・「『神輿は毎年、朝6時に神社を出発します。浅草寺サイドからは“来年は7時までに境内を出て行ってくれ”と要求されているのですが、それは現実的には不可能です。約1tの神輿を約100人が担ぐので、そんなに急いで移動するのは危ない』」


・「『もともと“8時まで”がルールだったのですが、5年ほど前から“7時30分まで”になり、今年はついに“7時15分まで”になりました。今年でもギリギリ間に合うかどうか。来年の“7時ルール”ならば、現行のような宮出しは諦めざるを得ません』(前出・担ぎ手団体幹部)」


・「なぜ浅草寺サイドは祭りの運営に水を差すような要求をするのか。もちろん浅草寺側にも言い分はある。 『三社祭は“けんか祭り”と呼ばれるように迫力がウリですが、一部には入れ墨を見せびらかすような荒々しい男たちが集まることが“今の時代にそぐわない”という意見もあります。浅草寺側が祭りの規模の縮小を図るのも理解できます』(町内会関係者)」


・「三社祭の先細りの背景には、浅草寺と『浅草観光連盟』」のすれ違いも指摘されている。『8年前、観光連盟が8階建ての『浅草文化観光センター』を建設する際、浅草寺は“観音様を見下ろすビルはいかがなものか”と反対しました』」


・「『訴訟の末にセンターは完成しましたが、両者のわだかまりは消えず、当時の観光連盟のトップが三社祭の総代も務めていたために、浅草寺サイドが祭りまで“敵視”するようになったのではないか』(浅草寺関係者)」


・「浅草寺に取材すると『お答えできない』との回答だった。今年は荒れなければいいが。※女性セブン2018年5月31日号」・・・


《その『浅草文化観光センター』》


Photo_3


《センターからの仲見世 浅草寺 景観》


Photo_4

« 強制送還して再入国禁止:問題外国人 | トップページ | 日大は必死で「監督指示ではない」の一点張り »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三社祭危うし!:浅草観光連盟と浅草寺の軋轢:

« 強制送還して再入国禁止:問題外国人 | トップページ | 日大は必死で「監督指示ではない」の一点張り »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト