« がんに関する「偽情報」の広まり | トップページ | 「上皇・上皇后は、『京都御所』に!」に学者は沈黙 »

〔豚小僧〕の先制パンチ

2018年05月06日
(〔豚小僧〕の先制パンチ)


http://www.sankei.com/world/news/180506/wor1805060028-n1.html


・さぁ、『北』の〔暴虐小僧〕〔虐殺豚児〕の「変らぬ正体」が見え隠れし始めたぞ。(1)チャイナの習近平の「後ろ楯」を得たこと、(2)『南』とグルになって、日本から人攫い(拉致被害者)の『身代金ビジネス』出来る目処が付いたことが、この〔豚小僧〕を増長慢(増上慢)にさせているのだ。


・一方で〔トランプ〕は『ノーベル平和賞』の噂が広がると、急に欲かいて「紳士」になろうとしている。所詮『米朝首脳会談』なんてのは猿芝居だ。お互いの腹を探り合って、『南北首脳会談』のような抽象的な共同宣言をするか、「ホナ、サイナラ」で席を立つかだ。


・アメリカはこの〔豚小僧〕の先制パンチを受けてでも、嘘八百・無意味な『米朝首脳会談』に臨むのか?さぁ、どうする!


・産経ニュース・[北朝鮮情勢] から、記事を以下。


・「【制裁、人権問題…『刺激すれば対話白紙に』 北朝鮮が米国をけん制】産経ニュース・[北朝鮮情勢] 2018.5.6 13:30更新」


・「北朝鮮外務省の報道官は6日、米国が『米朝首脳会談』を前に、『核放棄するまで制裁を緩めない』としていることや、『人権問題』を取り上げる構えを見せていることなどを非難し『相手を意図的に刺激する行為は対話ムードに冷や水を浴びせ、情勢を白紙に戻す危険な試みだ』と米国をけん制した。朝鮮中央通信が伝えた」


・「報道官は、北朝鮮が非核化の意思を示したことを、米国が制裁や圧力の結果だとアピールして『世論をミスリードしている』と反発」


・「『われわれの平和愛好の意思を軟弱さと勘違いし、圧力や軍事的威嚇を追求し続けるのは、問題の解決に役立たない』と警告した。(共同)」・・・

« がんに関する「偽情報」の広まり | トップページ | 「上皇・上皇后は、『京都御所』に!」に学者は沈黙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔豚小僧〕の先制パンチ:

« がんに関する「偽情報」の広まり | トップページ | 「上皇・上皇后は、『京都御所』に!」に学者は沈黙 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト