« また『基地外の野放し』殺人だ | トップページ | 朝鮮半島・私はこう見る:元仏外相 »

藤井聡太クン、最年少・最速で『七段』に

2018年05月18日
(藤井聡太クン、最年少・最速で『七段』に)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14735222/


・藤井聡太クンのせいではないが、私はいつも思う。彼が「大阪の子」だったらと。「やっぱ〔坂田三吉〕と同じ、淀川の水飲んでますよって!」と、地盤沈下の激しい大阪人は大騒ぎするんだろうがなぁ。愛知県瀬戸市生まれでは、流石の大阪人も「シーン」としているばかりだ。


・それにしても天才〔ヒフミン〕の「最年少・最速記録」を大幅に更新して、「最年少(15歳9カ月)、最速(プロ入りから1年7カ月)」での七段昇格とは恐れ入谷の鬼子母神!
同時に下の写真をご覧あれ。「こんな環境」で対局してるんだ!!


・ライブドアトピックスから、スポニチアネックス の記事を以下。


・「【藤井六段 最年少&最速七段昇段!“苦手一門”の船江六段下す】スポニチアネックス 2018年5月18日 20時59分」


・「高校生プロ棋士・〔藤井聡太六段〕(15)が18日、大阪市内の関西将棋会館で行われた竜王戦ランキング戦5組準決勝で〔船江恒平六段〕(31)に72手で勝利。規定を満たして最年少(15歳9カ月)、プロ入りから最速(1年7カ月)で七段に昇段した」


・「七段昇段におけるこれまでの最年少、最速記録は、いずれも〔加藤一二三・九段〕(78)が持つ17歳3カ月、2年8カ月だった。藤井は16年10月に四段に昇段し、今年2月1日に五段に昇段、同17日に六段にスピード昇段した」


・「この日の相手は、これまで一度も勝てず“鬼門”となっていた苦手〔井上慶太九段〕(54)の一門の船江六段だったが、後手番で、角換わりから2筋で激しい攻防を展開。最後は一般棋戦2度優勝経験のある実力者を押し切った。 藤井は同組決勝で〔石田直裕五段〕(29)と対局する」


◆藤井 聡太(ふじい・そうた)2002年(平14)7月19日、愛知県瀬戸市生まれの15歳。杉本昌隆七段門下。5歳で祖父母から将棋を教わる。小4で奨励会入りし、16年9月までの三段リーグを1期で通過。同年10月1日に14歳2カ月で史上5人目の中学生プロ棋士となり、加藤一二三・九段が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。17年6月には公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成。今年2月、棋戦最年少優勝を果たした。得意戦法は角換わり。名古屋大学教育学部付属高1年。


《勝てば最年少での七段昇段が決まる竜王戦ランキング戦5組準決勝、先手・船江恒平六段の初手を見つめる藤井聡太六段(右)》


Photo_5

« また『基地外の野放し』殺人だ | トップページ | 朝鮮半島・私はこう見る:元仏外相 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤井聡太クン、最年少・最速で『七段』に:

« また『基地外の野放し』殺人だ | トップページ | 朝鮮半島・私はこう見る:元仏外相 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト