« トランプは本気なんだ:メキシコの壁 | トップページ | チャイナ〔習近平〕の思惑 »

伝統は守るべきだ:土俵と女性

2018年04月05日
(伝統は守るべきだ:土俵と女性)


http://www.sankei.com/west/news/180404/wst1804040091-n1.html


・私は「女性天皇」だけではなく「女系天皇も認めろ」と言う連中は、嫌いである。『男系天皇』で万世一系を連綿と繫いできた「古代からの知恵」を守らなければ、世界に類例の無い『天皇家=本物の皇帝の系譜』は守れないと思っているからだ。


・「土俵に女性を上げない」のも、古代からの大相撲の「しきたり」である。何故世界遺産:『沖ノ島』が「日常は人を上陸させない」のとオンナジで、「伝統」「しきたり」は守られるべきだ。


・私は『舞鶴市』の常識を疑う。市長が土俵上で倒れたなら、何故男性職員が応急処置に土俵に上がらなかったのか? 日本相撲協会は、来年から『舞鶴巡業は止める』べきだ。「土俵に女性を上げない」伝統も知らないような所へ、巡業に行くべきではない。


・産経WESTから、記事を以下。


・「【市長倒れ、応急処置で土俵に上がった女性に『降りて』とアナウンス 大相撲巡業の京都・舞鶴場所】産経WEST 2018.4.4 21:43更新」


・「京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で4日午後、大相撲の春巡業『大相撲舞鶴場所』のあいさつ中に〔多々見(たたみ)良三市長〕(67)が土俵上で倒れた際、応急処置のため土俵に上がった女性2人に対し、土俵を降りるよう求めるアナウンスが流れたことが、同場所実行委員会への取材で分かった」


・「実行委によると、多々見市長は同日午後2時5分ごろに倒れ、女性2人が土俵に上がって心臓マッサージを行った。その後会場にいた市消防隊員がAED(自動体外式除細動器)を持って駆け付け、女性2人は状況を見守る形になった」


・「すると、日本相撲協会の呼び出しが『女性は土俵から降りてください』とアナウンスしたという。実行委は、女性が応急処置をしている間はそうしたアナウンスは聞いていないとしている」

・「大相撲の土俵は『女人禁制』のしきたりがある。過去には平成12年2月に大阪府知事に就任した〔太田房江氏〕(現参院議員)が、春場所千秋楽の表彰式で府知事賞を手渡したい意向を示したが断念し、話題を呼んだ」


・「多々見市長は病院に運ばれたが、意識はあり、会話は可能で命に別条はないという」・・・


(解説)舞鶴市はこの女性2人に対し、『表彰状』か『人命救助賞』を贈って讃えるべきだ。「人としての立派な行い」と「土俵に女性を上げない」という『伝統』『しきたり』は、分けて考えるべきである。

« トランプは本気なんだ:メキシコの壁 | トップページ | チャイナ〔習近平〕の思惑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統は守るべきだ:土俵と女性:

« トランプは本気なんだ:メキシコの壁 | トップページ | チャイナ〔習近平〕の思惑 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト