« イチロー、まだまだ! | トップページ | 「与えられるものは有限、求めるものは無限」 »

24日は1日がかりの大腸検査です

2018年04月23日
(24日は1日がかりの大腸検査です)


・私の18年に亘る『がん闘病』は、2000年10月(私は58歳)の「ステージⅣ・末期大腸がん」に始まります。私の分厚い脂肪肝のせいでCTが「どこにも転移していません」と誤診した「ぬか喜び」までありました。


・これまでの戦歴は『4がん5バトル』です。(1)2000/11/22:「ステージⅣ・末期大腸がん」の開腹切除手術、(2)2000/12~2001/07:「手術不能・肝臓への多数個転移」で、肝動注手法による「抗がん剤の肝臓への直接投与25回」(7ヶ月)。


・2008/03/21:(3)この空爆から肝臓裏へ逃れた転移がんが2cmに成長し、〔転移がん〕〔近接部位の胆嚢〕〔胆管〕の開腹切除手術、(4)2008年02月の検査入院で発見された「分化型・胃がん」の「内視鏡剥離手術」=2008/05/14。(このあと役半年、「4×6cmの剥離傷=人工胃潰瘍」に苦しみました)


・(5)2015/04/21:定期健診の「胃カメラ検査」で発見された「未分化型・胃がん」の「内視鏡剥離手術」。(これは消化器内科の点滴麻酔が効かず、ゲーゲーと4時間、のた打ち回りました)


・(5)の剥離胃がんの精密検査の結果、「教科書通りなら、胃の3/4開腹切除だったのですが、運否天賦に賭けて約3年間、「経過観察」で逃げています。


・だから「4がん」は、1.大腸がん、2.肝臓転移がん、3.分化型胃がん、4.未分化型胃がんのことで、「5バトル」は、1.大腸がん開腹切除手術、2.肝動注による抗がん剤25回投与、3.肝臓転移がん・胆嚢・胆管の開腹切除手術、4.分化型胃がん・内視鏡剥離手術、5.未分化型胃がん・内視鏡剥離手術 のことです。


・さて今回の検査は、振り出しの「大腸検査」です。今10個のポリープが居ますが。それが増えてないか、悪化してないか の検査です。本日はもう検査食で、夜は下剤です。明日は腹ペコのまま朝5時起きし、6時半の予約タクシーで新大阪です。


・何せ【愛知県がんセンター】は名古屋駅から小1時間東に在り。朝9時の採血、9時半からの2リットルの下剤呑みに参加するには、新大阪07:10のぞみ。名古屋8:00で行き、地下鉄を2つ乗り継いで、あとはTAXIしかありません。


・名古屋地下鉄は、自由が丘駅から「がんで苦しんでいる患者に、延々と長い坂を登ることを命じて」います。下りなんざ、両膝ガタガタで足首が腫れあがります。何で「お役人には情が無いのか?」といつも思います。


・恐らく幾つかのポリープの細胞が摘まれ、〔細胞診〕に廻されるようですから、本日に続いて明日も酒は呑めないでしょう。また名古屋の「友人・知己」には黙ってのホテル一泊(翌25日は2科の外来)になります。90歳までブログを書くことだけが励みです。


« イチロー、まだまだ! | トップページ | 「与えられるものは有限、求めるものは無限」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24日は1日がかりの大腸検査です:

« イチロー、まだまだ! | トップページ | 「与えられるものは有限、求めるものは無限」 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト