« 週刊誌よ、そんなことより今は北朝鮮だろう | トップページ | 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? »

「塀のない刑務所」:馬鹿丸出し

2018年04月15日
(「塀のない刑務所」:馬鹿丸出し)


https://news.nifty.com/topics/yomiuri/180415235877/


・「性善説」やら「人権」に沿ったアイデアだろうが、昔から『監獄の壁』は罪人と普通の庶民との「結界」である。それを取っ払った挙句、『脱獄囚1人に連日1000人以上の警察官』が駆り出され、「かくれんぼ」ごっこか「鬼ごっこ」している姿は、馬鹿馬鹿しくってテレビ報道を見る気もしない。


・脱獄囚だって「喉は渇く」「腹が減る」。また「窃盗」が「強盗」をやるしかない。近隣住民の恐怖感を、この「塀のない刑務所」はどうやって埋め合わせする積りか?


・「塀のない刑務所」の馬鹿さ加減の証明である。とっとと(1)窓には鉄格子、(2)扉には鍵、(3)そして『監獄の壁』を張り巡らす、ノーマルな刑務所スタイルに戻せ!


・ニフティニュースから、読売新聞 の記事を以下。


・「【塀のない刑務所、脱走たびたび…千葉や広島にも】読売新聞 2018年04月15日 10時17分」


・「『松山刑務所大井造船作業場』(愛媛県今治市)は、受刑者の部屋に鉄格子がないほか、周囲を囲む高い壁もなく、『塀のない刑務所』として知られる」


・「法務省によると、同じような施設は〔北海道網走市〕、〔千葉県市原市〕、〔広島県尾道市〕にもあり、『開放的施設』と呼ばれる」


・「受刑者の自主性を育て、社会への適応性を向上させるのが目的で、受刑者は畜産作業や造船会社で船の部材の加工などを民間の従業員らと共に行っている」


・「開放的施設に入るのは、主に初犯で刑期が10年未満の模範的な受刑者という。同作業場にいた受刑者は、今回の脱走事件以降、松山刑務所に移送された。ほかの3か所には、4月13日現在で計194人が入所している」


・「開放的施設ではたびたび脱走事件が起きており、同省は、開放的施設の『警備態勢の見直し』や『強化』を検討している」・・・

« 週刊誌よ、そんなことより今は北朝鮮だろう | トップページ | 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「塀のない刑務所」:馬鹿丸出し:

« 週刊誌よ、そんなことより今は北朝鮮だろう | トップページ | 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト