« 生活保護者むしろ歓迎? | トップページ | 白鵬の父・ムンフバトさん死去 »

〔張本勲〕よ、読め!:大谷フィーバー

2018年04月09日
(〔張本勲〕よ、読め!:大谷フィーバー)


http://www.sankei.com/sports/news/180409/spo1804090019-n1.html


・アメリカで最初に例の『デッチアゲ金ぴか淫売少女像』を設置した〔グレンデール市〕はロサンゼルス郡に在り、ロサンゼルス市からわずか15kmの隣町である。『LAエンゼルス・〔大谷翔平〕選手』が巻き起こしている「大谷フィーバー」は、そんな観点からも楽しい。


・私は『北朝鮮』や『南朝鮮』をボロカスに書くが、『在日の方々』は非難しない。ただ「在日は3世、せめて4世まで」と言っているだけだ。だから『在日2世の〔張本勲〕選手の広角打法』は素直に好きだった。


・ただ「歳をとって先祖の血が騒ぐのか」「やっぱり火病=ファビョン(精神的鬱屈症)のDNAなのか」、「大谷フィーバー」にケチを付ける〔張本勲〕は好きじゃない。ナニ、〔大谷翔平〕選手にだってスランプはやって来るさ。ただ『一度フアンになってくれた方々』は、共に悩み共に悲しみ、共に再起に手を貸してくれるわさ。


・「【まさに『大谷フィーバー』 観客が総立ち状態 日に日に増える日本人ファン】産経ニュース・[MLB] 2018.4.9 10:00更新」


・「【アナハイム=住井亨介】投打の『二刀流』で活躍する米大リーグ・エンゼルスの〔大谷翔平〕(23)がメジャー開幕2連勝を果たした8日、本拠地アナハイムのスタンドは総立ちとなった。『グレートでパーフェクトだ』『まさに大谷フィーバー』。開幕から続く快挙の連続に日米のファンが熱狂した」


・「『大谷が出てくると勝つ感じがする。みんな三振を求めて総立ちになっているときにそれをやってしまうのがすごい』 興奮を隠せないように語るのはロサンゼルスから応援に駆けつけた近藤貴裕さん(29)。友人の渋谷祐希さん(29)も『打たれる気が全くしない』と、間近でみる大谷の投球に圧倒されていた」


・「活躍が続く大谷の雄姿に声援を送ろうと、スタンドには日に日に日本人ファンの姿が増えている。 ロサンゼルスに住む榎本浩文さん(42)は 『打って3試合連続本塁打、投げてもこの調子。日本人として誇らしい。緩急つけた投球がすごい』、妻のゆりさん(40)も『自信があって余裕さえ感じられる』と話し、熱い視線をマウンドに送っていた」


・「地元オレンジ郡のルシオ・ヴェルディンさん(41)は『すばらしいよ。すでに大谷は二刀流をやってのけている。10本塁打10勝もできる』と太鼓判。妻のレティーシア・ペーニャさん(29)は『完璧だわ。見ていてわくわくする』と盛り上がっていた」・・・


(解説)イチローやマエケンは大リーガーの中では小柄だが、マー君やダルビッシュは見劣りしない。まして〔大谷翔平〕はデカイだけじゃなく肩幅も広くて堂々としている。

« 生活保護者むしろ歓迎? | トップページ | 白鵬の父・ムンフバトさん死去 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔張本勲〕よ、読め!:大谷フィーバー:

« 生活保護者むしろ歓迎? | トップページ | 白鵬の父・ムンフバトさん死去 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト