« ランドセルが歩いているような新1年生 | トップページ | 夢話「レアアース、深海に1千万トン超」:南鳥島沖 »

「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』

2018年04月10日
(「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』)


・ったく『営業半世紀以上』の私に、「マニュアルを読みながら」ツカエツカエの電話が毎日かかる。大抵が表題の「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』だ。代理店などと名乗っているが、『NTTファイナンス』の下請け・孫請け・曾孫請けだろう。


・実は私、何年か前に「真っ先に」の勢いでこの『まとめ』をやって酷い目に遭った。『銀行』のような「お先真っ暗」で「無責任」なところを信用して『口座振替』をやっている方々は、ここで読み飛ばされた方がいい。


・私は『口座振替』ミスを多数回経験しているし、午前中に400万円(会社をやっていた当時)を友人の会社からの依頼で振り込んであげたのに、夕方になっても届かなかったことを経験している。都市銀行の支店の裏口から支店長を呼び出して銀行内に入り、現場を確認した。


・送金用オンライン端末機の上部に百均の籠が2つ設置されていて、『左がマダ』『右がスミ』だった。信じられないようなコトだが、『左がマダ』の籠に伝票が山盛りで、『右がスミ』の籠に滑り落ちていたと支店長は謝罪し捲くり。「アホ抜かせ!友達の会社が不渡りを出すところだったんだぞ!」


・翌日その支店長、糖尿の私に安物のカステラ一箱持って謝罪来社。カステラは女子社員に食わせたが、現代『ATM万能時代』では考えられないことだが、私の「銀行不信」の一幕。話を「フレッツ光とドコモ」の『まとめ』に戻そう。


・コンビニでの振り込み遅れで、公共料金の中で「情け無用」で真っ先に切って来るのがNTT(私はNTT西日本)だ、大体が20日だが、これを切られると一般電話だけでなくインターネットが出来なくなる。コンビニの取り扱い期限も厳しくて、『バーコード付き請求書』がスグ使えなくなる。


・携帯(ドコモ)を使ってNTTファイナンスから『郵便局のATMを使っての復活入金処理』手順を指示される。これをやっても、インターネットの復活には数時間かかる。


・ドコモは大体29日に切って来る。これは『バーコード付き請求書』のコンビニの取り扱い期限も長くて、後追い入金すればほぼ即刻使えるようになる。


・賢明な読者は、何故『まとめ』が駄目なのか、もうお気づきだろう。両者一度に切られたら、NTTファイナンスに取り付く島が全く無くなるからである。NTTファイナンスと銀行はグルなのだろう。答えは『口座振替』しか無いのだ。


・何故私が『まとめ』をやらないか、最初のうちは電話口で毎回説明していたが、『答え』が見えている以上、何を言っても空しい。だから最近は「『まとめ』はやらねぇ!」とだけ言うことにしている。


・光通信に変わる次世代高速通信技術(例えばWiMAX高速版など)が待たれるが、『公団住まい』じゃなぁ?

« ランドセルが歩いているような新1年生 | トップページ | 夢話「レアアース、深海に1千万トン超」:南鳥島沖 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』:

« ランドセルが歩いているような新1年生 | トップページ | 夢話「レアアース、深海に1千万トン超」:南鳥島沖 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト