« 大谷フィーバーが続く:投げて2勝目 | トップページ | 生活保護者むしろ歓迎? »

上皇・上皇后は、『京都御所』に!

2018年04月09日
(上皇・上皇后は、『京都御所』に!)


https://news.nifty.com/topics/jiji/180409234672/


・『時事通信』がボケているのか『宮内庁』がボケているのか知らないが、「新天皇と上皇の『二重権威』が生じかねないとの懸念への配慮があったとみられる」 とは何だ?


・原理原則は「先帝崩御」即「新天皇即位」なのだから、「新天皇即位儀式に先帝が居る筈もない」ではないか?そんなことは「常識」であって「配慮」でも何でもない。


・それよか『京都新府知事』が決まったが、私は「熱心」に「上皇・上皇后は、『京都御所』にお移り戴きたい」と運動すべきだ。実際住まわれる快適な新築は、造れば良いだけのことだ。それこそ「象徴としての公務を基本的に全て新天皇に譲る」と仰るならば尚更だ。


・今の「宮城」が、「徳川幕府の城」であることはガキでも知っている。「♪あぁれは 朝敵 征伐せよとの 錦の御旗じゃ 知らないか トコトンヤレ トンヤレナ」で奪った最前線に、天皇家はそのまま居ついて150年余、京都の方々はどなたも声を挙げられないようだが、「占領地に天皇はんがおられる」ことが異常なのだ。


・そりゃ首都・東京への一極集中で、最終的に『御名御璽』が必要な日本国だから「天皇陛下と皇后陛下、皇太弟などの皇族」の東京住まいは止むを得まい。


・ただ『平成の御世30年』、ひたすら国民に寄り添い、戦没者や災害犠牲者に祈られ続けた『平成天皇・美智子皇后』には、『京都御所』を基点に、近畿でユッタリ過ごされて欲しいのである。(「これこそ地方活性化!」とは書かない。すぐ「皇族の政治利用!」と叫ぶアホが多いからだ)


・ニフティニュースから、時事通信 の記事を以下。


・「【両陛下、新天皇の即位儀式欠席へ=『二重権威』配慮か-宮内庁】時事通信 2018年04月09日 16時43分」


・「宮内庁の〔西村泰彦次長〕は9日の定例記者会見で、来年5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴う一連の儀式に、退位後の天皇陛下と皇后さまが出席されないことを明らかにした」


・「新天皇と上皇の『二重権威』が生じかねないとの懸念への配慮があったとみられる」


・「宮内庁は陛下が退位後、象徴としての公務を基本的に全て新天皇に譲るとの見解を示している。【時事通信社】」・・・

« 大谷フィーバーが続く:投げて2勝目 | トップページ | 生活保護者むしろ歓迎? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上皇・上皇后は、『京都御所』に!:

« 大谷フィーバーが続く:投げて2勝目 | トップページ | 生活保護者むしろ歓迎? »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト