« トランプは、「今回は軍事行動を起こさない」と言え | トップページ | 「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』 »

ランドセルが歩いているような新1年生

2018年04月10日
(ランドセルが歩いているような新1年生)


http://www.sankei.com/west/news/180410/wst1804100058-n1.html


・私は昭和24年(敗戦後4年)の〔ピッカピカの1年生〕である。長兄が11歳上、次兄が8歳上だから、ランドセルは『お下がり』ではなかった。貧しい父が、それでも奔走して三男の私に〔ピッカピカのランドセル〕を与えてくれた。


・敗戦後4年だから、ランドセルではなく〔ズタ袋〕も多い中、私の〔黒いランドセル〕は目立った。たまにランドセルが在っても、豚皮で毛穴がブツブツ空いた〔茶色のランドセル〕も多かった。


・体も大きかったので、私の〔黒いランドセル〕は良く似合っていたと思う。この記事の『天国の父から届いた贈り物』ではなく、私を溺愛してくれた『父からの贈り物』だった。懐かしい。


・産経WEST・[浪速風] から、記事を以下。


・「【ランドセルが歩いているような新1年生 『天国の父から届いた贈り物』思い出した(4月10日)】産経WEST・[浪速風] 2018.4.10 15:05更新」


・「幼いころに父を亡くした少女は、赤いランドセルがほしかった。でも母親に余裕はなく、ねだることはできない。そこで『天国のお父さんへ』と、はがきを出した。しばらくして赤いランドセルが送られてきた。宛先不明で送り返すはずが、郵便局員らがお金を出し合ったのだ。お父さんからの手紙を添えて」


・「▼実話だろうか。朝、集団登校する子供たちを見ながら、この話を思い出した。新1年生の小さな背中からランドセルがはみ出している。何が入っているのだろう。大きくて重たそうだが、足取りは軽い。昔は男の子は黒、女の子は赤が多かったが、最近のランドセルはいろんな色がある」


・「▼明治20年に〔大正天皇〕が学習院に入学されたお祝いに、〔伊藤博文〕が箱形の通学かばんを献上したのが始まりという。軍隊の背嚢(はいのう)が原型で、日本で独自に発展した。おしゃれなバッグとして、訪日外国人客にも人気がある。ランドセルには夢がつまっている。がんばれ1年生」・・・


《GOOGLE画像から、〔ピッカピカの1年生〕》


Photo_2


« トランプは、「今回は軍事行動を起こさない」と言え | トップページ | 「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランドセルが歩いているような新1年生:

« トランプは、「今回は軍事行動を起こさない」と言え | トップページ | 「フレッツ光とドコモ」の『まとめ勧誘電話』 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト