« 「日本の汚名返上」に活躍した民間の力 | トップページ | 上皇・上皇后は、『京都御所』に! »

大谷フィーバーが続く:投げて2勝目

2018年04月09日
(大谷フィーバーが続く:投げて2勝目)


http://www.sankei.com/sports/news/180409/spo1804090004-n1.html


・粋な和装が似合う〔大沢親分〕が死んでから、私は『サンデーモーニング』を全く観なくなった。司会の〔関口宏〕の「サヨク誘導」も鼻について来たし、第一〔ゲストコメンテータ〕の面々もサヨクばかりではないか?


・嫌味な〔張本勲〕の「渇!」も嫌いだ。〔大谷翔平〕選手の3連発ホーマーにも「まぐれ!」「打たれた投手らも研究して来る」「投手は8番打者だと油断して投げている」など、ヒネクレ根性丸出しだ。


・帰化もしない〔張〕に稼がせるなら、「大法螺吹き」の〔金やん〕でも出したらどうだ。大谷フィーバーが続く間は、褒めちぎってやればいいではないか!


・産経ニュース・[MLB] から、記事を以下。


・「【『投手』大谷翔平が2勝目 7回1安打12Kの圧巻投球】産経ニュース・[MLB] 2018.4.9 07:50更新」


・「【アナハイム=住井亨介】エンゼルスの〔大谷翔平〕(23)が8日、アナハイムでのアスレチックス戦に2度目の先発登板し、7回を12奪三振、無失点に抑える好投を演じて2勝目をマークした」


・「7回91球を投げて1安打、12三振、1四球。防御率は2.08。エンゼルス打線は初回に2点を先制。その後も効果的に加点して大谷を援護し、6-1でアスレチックスを下した」


・「本拠地初登板の大谷は最速99マイル(約159キロ)の速球と鋭く落ちるスプリットボールのコンビネーションが冴え、七回1死まで1人の走者も出さないパーフェクトに抑えた。三振も毎回の12個を奪う圧巻の投球だった」


・「大谷は1日に敵地オークランドでのアスレチックスに初先発し、6回を3失点に抑え、初勝利を挙げており、開幕2連勝となった」・・・


《投げて2勝目の〔大谷翔平〕選手》


Photo_2

« 「日本の汚名返上」に活躍した民間の力 | トップページ | 上皇・上皇后は、『京都御所』に! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷フィーバーが続く:投げて2勝目:

« 「日本の汚名返上」に活躍した民間の力 | トップページ | 上皇・上皇后は、『京都御所』に! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト