« 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? | トップページ | 喧嘩には「仲裁役」が必要だが:米英仏がシリア攻撃 »

懲りない刑務所側:脱獄1週間

2018年04月15日
(懲りない刑務所側:脱獄1週間)


http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8f%97%e5%88%91%e8%80%85%e9%80%83%e8%b5%b0%ef%bc%91%e9%80%b1%e9%96%93%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%90%e8%bb%92%e6%8d%9c%e7%b4%a2%e5%a6%a8%e3%81%92-%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%83%bb%e5%90%91%e5%b3%b6/ar-AAvSMfH?ocid=iehp


・こんな「空き家が1000軒」も有るような過疎地に、『開放的刑務所』を造れば、一旦脱獄したら身柄確保が大変だと「想像」しなかったのだろうか。現に「逃走は17件20人目」だそうな。今回は「16年ぶりの脱獄」だそうだが、延べ5000人の警官を投入しても、1週間が経っても捕まえられない。


・この記事の括り=〔松山刑務所・河内睦大総務部長〕の言い分には呆れる。「『開放的』という理念からは、今後も鍵や監視カメラなど『物』で縛るのは適当でない。その分、受刑者の心情を把握して『人とのつながり』で逃走を防ぎたい」・・・んだと!勝手にしろ。


・MSNニュースから、毎日新聞 の記事を以下。


・「【受刑者逃走1週間:空き家1000軒捜索妨げ 広島・向島】毎日新聞 2018/04/15 06:30」


・「愛媛県今治市の『山刑務所大井造船作業場』から受刑者が逃走した事件は15日、発生から1週間を迎える。指名手配された〔平尾龍磨容疑者〕(27)が潜伏しているとみられる広島県尾道市の向島(むかいしま)では、広島、愛媛両県警と中国管区機動隊が延べ5000人の捜査員を投入しているが、現在も行方は分かっていない」


・「手入れが行き届いていない山間部の果樹園や空き家が多いという島特有の事情が捜索の障害となっている」


・「14日朝、島北部の岩屋山に捜査員が集合した。前日夜、『裏山から物音がする』との情報が近くの住民から寄せられたためだ。現場近くでは靴下やサンダルなどが盗まれ、車上荒らしにあった車からは平尾容疑者の指紋も検出されている。『ついに発見か』。捜査員は色めき立ったが、結局、身柄確保には至らなかった」


・「向島は、東西約6キロ、南北約5.5キロ、面積約22平方キロで、人口は約2万2000人。もともと平地が少ない地形の上、農業者が減って放置された果樹園も多く、ヘリコプターからも見通しがききにくい」


・「また島外に移り住んだ人の家など1000軒以上の空き家が点在。捜索には所有者や管理者の許可が必要で連絡が取れない場合は『外観に目立った異常がないか、目視で済まさざるを得ない』(捜査幹部)という」


・「平尾容疑者はまだ島内にいるのか。ある捜査関係者は『現在も島の山中か空き家に潜み、逃走を続けている』とみる。付近で現在も窃盗被害が相次いでいること、橋を渡って島外へ出る車の検問が24時間態勢で続けられていることなどが根拠」


・「島から対岸までは最も狭い場所で約200メートルと泳いで渡れそうにみえるが、市向島支所は『フェリーでさえ航路がずれるほど流れが速く考えられない』と否定する。島内では現在、ミカンなどのかんきつ類が収穫期を迎えており、ある住民は『食べ物は手に入りやすいのでは』と話す」


・「長引く厳戒態勢は島民の生活に大きな影響を与えている。島内では14、15日に予定されていた自転車周遊イベントが中止に。窃盗被害に遭った後、島外の親戚宅に身を寄せた人もいるという」


・「島北部の集落で自治会長を務める大原正広さん(68)は『こんなに多くの警察官が何日も島内を歩き回るのは初めて。連日のヘリの音で頭が痛くなった人もいる』と顔をしかめた。【李英浩】」・・・


・「★逃走20人目、開放的施設裏目に・・・・ 平尾容疑者が入所していた松山刑務所大井造船作業場は、塀や鉄格子がなく、居室が施錠されていない『開放的施設』。一般の人と同じような環境で職業訓練や生活をするため、受刑者が社会復帰しやすいとされる。凶悪犯や薬物常習者でないなどの条件を満たす模範囚を対象としている」


・「松山刑務所によると、1961年の開設以来、『逃走は17件20人目』。今回は16年ぶりだった。 一方で、受刑者が再び刑務所に戻る『再入率』は2008年からの10年間で6.4%。刑務所全体では近年、36%前後で推移しており、同作業場が大きく下回っている」


・「松山刑務所の河内睦大総務部長は『開放的という理念からは、今後も鍵や監視カメラなど『物』で縛るのは適当でない。その分、受刑者の心情を把握して『人とのつながり』で逃走を防ぎたい』と話している。【中川祐一】」・・・


《逃走している平尾龍磨容疑者の捜索をする捜査員ら》


Photo_3

« 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? | トップページ | 喧嘩には「仲裁役」が必要だが:米英仏がシリア攻撃 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

織伊友作様、動員警察官、延べ5000人、一日当たりの日当および経費は40000円として計二億円程度が既に浪費されてます。まさに『牛刀で蚤を裂く』の状態ですね。逃亡犯平尾が再収監された場合、塀の内側の世界では英雄でしょうね。

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。来月で76歳になりますが、人様の10倍は
交友関係を広く生きて来ましたが、役人・政治家の友人は皆無です。

相手が私のようなタイプを避けたのでしょうね。私は皇室から淫売まで何の
差別も無い人間なのですが。

ま、脱獄犯も利巧でしょうから、殺人や強盗はしないと思いますが、腹が減
って早く自首することを望んでいます。基本的にアホな話なんです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない刑務所側:脱獄1週間:

« 「日本選手初となる計量失敗」:ホントか? | トップページ | 喧嘩には「仲裁役」が必要だが:米英仏がシリア攻撃 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト