« 日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ | トップページ | あの手この手の妨害工作:名護市 »

大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP

2018年03月17日
(大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP)


http://www.sankei.com/sports/news/180317/spo1803170042-n1.html


・記事の括りにもあるが、日本の〔伊達公子〕選手とドイツの〔シュテフィ・グラフ〕選手との死闘は、未だ私の脳裏に鮮やかだ。伊達選手は真っ黒に焼けた肌に「真っ白い歯」と「鉢巻」がよく似合う日本人らしい顔立ちの美形選手だった。


・〔大坂なおみ〕選手。お世辞にも美形とは言えない。しっかしま、「ハイチ系アメリカ人」と「日本人の母」の間に生まれた彼女は、『身長180cm』『体重69kg』という恵まれた体躯と、長い手脚に恵まれている。


・日本語は片言だが、大阪市に生まれ4歳まで住んで、大阪市内ど真ん中の『靱公園(うつぼこうえん)』の常設コートで幼女の頃練習していたというのが微笑ましい。彼女は未だ20歳。『ウインブルドンの花』と咲くまで、ナニ、そんなに時間はかからないだろう。何せ今大会で、あの元世界女王:〔マリア・シャラポア〕を破っているのだから。18日の決勝、頑張れ!


・産経ニュース・[女子テニス] から、記事を以下。


・「【大坂なおみ、世界1位を破り決勝へ】産経ニュース・[女子テニス] 2018.3.17 16:09更新」


・「テニスの【BNPパリバ・オープン】は16日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、女子シングルス準決勝で世界ランキング44位の〔大坂なおみ〕(日清食品)が世界1位の第1シード、〔シモナ・ハレプ〕(ルーマニア)を6-3、6-0で破り、18日(日本時間19日)の決勝に進んだ」


・「大坂はツアー初優勝を懸け、決勝では世界19位の〔ダリア・カサキナ〕(ロシア)と対戦する」


・「大坂はハレプとは4度目の対戦で初勝利。日本女子が世界1位から勝利を挙げたのは、1996年の国別対抗戦フェド杯で〔伊達公子〕がドイツの〔シュテフィ・グラフ〕に勝った例がある。(共同)」・・・


《BNPパリバ・オープン準決勝、ハレプと対戦する大坂なおみ=16日、インディアンウェルズ(ロイター)》


Photo_3


« 日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ | トップページ | あの手この手の妨害工作:名護市 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP:

« 日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ | トップページ | あの手この手の妨害工作:名護市 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト