« 突然のソ連侵攻に狼狽する軍部:昭和天皇は | トップページ | 大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP »

日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ

2018年03月17日
(日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ)


http://www.sankei.com/life/news/180317/lif1803170009-n1.html


・読んでみたい「新書」である。日本人が独自に構築してきた『国家国民論』で、世界はこれに気付いて憧れを持ち始めていた矢先、大国が吹かせ始めた


(1)エスノセントリズム(国家解体)と、

(2)グローバリズム(超国家統合)という


2つの台風だ。日本は今年「紀元2678年」を迎えた「ギネスが認定している世界最古の国」なのである。


・学者どもは「西暦4世紀ごろが大和朝廷の始まりか?」などと「世界最古」を認めたがらないが、ナニ、『ギネスが神武天皇即位の紀元元年』を認めているのだ。


・〔アベアキエ〕の軽挙妄動、財務省の「官邸への忖度」による公文書書き換えで、この秋の『安倍ちゃんの3選』は絶望的となり、来年春の【憲法改正】も同時に絶望的となった。さぁ、日本よ何処へ向かう?


・産経ニュース・[編集者のおすすめ] から、記事を以下。


・「【[世界の歴史はウソばかり〕倉山満著 フランス・中国・韓国・ロシア…各国の暗黒史を暴露】産経ニュース・[編集者のおすすめ] 2018.3.17 10:00更新」


・「難解なテーマも笑いながら学べる解説で定評がある〔倉山満〕先生をして、書くのが『難しかった』といわしめた一冊。世界での日本の立ち位置を一気に学べる国民国家(ネーション・ステート=国民主体の国家)論だ」


・「ドイツの歴史を奪い取った〔フランス〕、民族弾圧で国民国家化を目指す〔中国〕、主権国家とすらいえない〔韓国〕、多彩な言語と捏造(ねつぞう)だらけの国史の〔ロシア〕、『マニフェスト・デスティニー』という名の虐殺が国体の〔アメリカ〕、ヒトラーの民族主義に破壊された〔ドイツ〕、国民国家になる前に帝国化を始めた〔イギリス〕など、各章で各国の暗黒史を暴露する」


・「日本人は知らないが、自国にとって都合よく書きかえるのが世界の『歴史』の常識。しかも、日本はヨーロッパが憧れた世界で最も理想的な国民国家なのだという」


・「『世界の大勢が国民国家に向かうのは、ここ数百年の現象にすぎない。人類がようやく日本に追い付いてきたのだ』(あとがきから)」


・「国民国家とは、今ある国家体制のなかでは一番恵まれた体制であり、ヨーロッパ諸国の国民が苦労して獲得した歴史がある。しかし現代はその国民国家体制が、エスノセントリズム(国家解体)とグローバリズム(超国家統合)という2つの潮流から攻撃にさらされていると分析する」


・「つまり、私たちが当たり前にしていた幸福を失う可能性があるのだ。いま『国民国家論』が求められるゆえんである。著者渾身(こんしん)の新しい定番ができたと自負している。(ビジネス社・1400円+税) ※ ビジネス社編集部 佐藤春生」・・・


Photo_2


« 突然のソ連侵攻に狼狽する軍部:昭和天皇は | トップページ | 大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本が構築してきた『国家国民論』:今世界の憧れ:

« 突然のソ連侵攻に狼狽する軍部:昭和天皇は | トップページ | 大坂なおみ選手:決勝へ:テニスBNPパリバOP »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト