« 栄和人強化本部長の逆襲なるか | トップページ | 両陛下の与那国島訪問 »

日本の固有種:『日本型リベラル』

2018年03月28日
(日本の固有種:『日本型リベラル』)


http://www.sankei.com/column/news/180328/clm1803280004-n1.html


・こんな大人しい風情の『動物行動研究家』が、男性の睾丸から95%製造される『テストステロン=男性ホルモン・性ホルモン』について、声高に叫んでいらっしゃる。


・「所詮は絵空事でしかなかったと判明した今でも、共産主義や社会主義にしがみ付いている男たちは、このテストステロンが低レベルで『女にもてない』輩」だと。そして括りでこう絶叫されておられる。大爆笑であるし、大いに共感する!以下。


・「テストステロンのレベルが比較的低い男は、男の魅力に欠けるし、浮気もしない(浮気したくても女に相手にされない)。この後者の男たちが、共産主義、社会主義にこのうえなく惹かれ、『日本型リベラル』と呼ばれる特有の存在となる可能性がある-それが真相ではないだろうか」・・・


・産経ニュース・[正論]から、記事を以下。


・「【『日本型リベラル』の真相は何か 動物行動研究家 エッセイスト 竹内久美子】産経ニュース・[正論] 2018.3.28 11:50更新」


・「『日本型リベラル』と呼ばれる人々をご存じだろうか。共産主義、社会主義が失敗に終わり、所詮は絵空事でしかなかったと判明した今でも、その思想にしがみついている人々。日本に特有の存在である」


・「★思想に沿わなければ妨害する・・・・ 単にしがみついているだけなら、個人の自由だ。問題なのは彼らが、自分たちの思想に沿わせるために、思想に沿わない事柄に対し『妨害行為』をとるということだ」


・「こういう『日本型リベラル』は、政治や文系の研究分野にのみ存在すると思われているようだが、そうではない。私が長年学んできている、『動物行動学』、『進化生物学』の分野にも存在する。しかもその言論活動の活発さのために、あたかもこの分野を代表する考えであるかのようにとらえられており、大いに迷惑している」


・「ここではこの分野の大半の人間は『日本型リベラル』ではないことを明言したうえで、なぜ日本には特殊とも思える考えの人々が存在するのかを考えたい」


・「その前に、私が関係している分野における実態を見ていただこう。『日本型リベラル』の研究者は『科学的事実よりも思想を優先させる』ために、こんな“捏造(ねつぞう)”をする。以下はメディアに頻繁に登場する、ある人物の発言だ」


・「『人間の歴史上、婚外交渉がながらく重要な働きをしてきたのか、現在でも実際にしばしば精子間競争の状況があるのか、くわしいことはよくわかりません』」


・「精子間競争とは卵(卵子)の受精をめぐって複数のオスの精子が争うこと。人間ではたいていの場合、浮気において起こる。つまりこの発言によれば、人間では過去はともあれ、現在でもしばしば浮気が行われているかどうか、詳しいことはよくわからないというのである」


・「そんなわけないじゃないか、浮気なんて日常茶飯事だ、と多くの人が思うだろう。『キンゼイ報告』をはじめとする、どんな性の実態調査であっても、皆一様に浮気はかなり頻繁に行われていることが示されている。しかし浮気などというものはあってはならないという思想のもと、こんな“捏造”がまかり通るのである」


・「★人間を研究することを許さない・・・・ さらに、同じ人物による隠蔽(いんぺい)の例を挙げるとすると、〔カンジャール族〕という流浪の民の研究の紹介である。カンジャール族では女の子が生まれると『やったあ』と大喜びになるが、男の子だと皆がっかりする。なぜか。女の子は将来、大道で歌や踊りを披露してお金を稼ぐからである-」


・「何かおかしい。その程度の理由で大喜びできるだろうかと、原著論文を読んでみると、カンジャール族の主たる収入源は『売春』だった。さらに言えば、それくらいのことをしなければ、流浪の民が生きていくのは不可能だということである」


・「だが『日本型リベラル』の研究者にとって、売春などあってはならない、売春は女性差別の最たるもの、として隠しておきたいのだろう」


・「『日本型リベラル』の研究者たちはまた、人間を研究することを許さないとして長年、研究妨害を続けてきた。そのため、日本では人間の研究が著しく出遅れてしまった。人間について明らかにされることが、よほど都合が悪いのだろうか」


・「★テストステロンのレベルが低い・・・・ さて、ようやく本題に入るとする。共産主義、社会主義では何より『貧富の差がないこと』や『平等』が重要視される。どちらも反論の余地のない、『政治的に正しい』主張のように思われる。しかし、こういう思想に強く惹(ひ)かれる男がいるとしたら、そこにはこんな理由が隠されているのではないだろうか」


・「自分は稼ぎが多くない。稼ぎのいい男が女にモテるのはけしからん。自分は男としての魅力に欠け、女が寄り付かない。こういう自分にも『平等』に女を分け与えよ! 共産主義、社会主義とは要は『女にモテない男』にとって、このうえなく心地よい響きを放つ存在なのではないだろうか」


・「そしてわざわざ『日本型リベラル』と名づけられるほど、日本に共産主義、社会主義に惹きつけられる人間(特に男)がなぜ多いかだ。それはまず日本人の男が、欧米やアフリカ系の男と比べ、男性ホルモンの代表格であり、男の魅力を演出する、『テストステロン』のレベルが一般的に低いため、普通は彼らほどには男としての魅力がないからではないだろうか」


・「だから日本人の男のなかでも、テストステロンのレベルが比較的高い男は、男として魅力的で浮気もしがちになるだろう」


・「しかし、テストステロンのレベルが比較的低い男は、男の魅力に欠けるし、浮気もしない(浮気したくても女に相手にされない)。この後者の男たちが、共産主義、社会主義にこのうえなく惹かれ、『日本型リベラル』と呼ばれる特有の存在となる可能性がある-それが真相ではないだろうか。(動物行動学研究家 エッセイスト・竹内久美子 たけうち くみこ)」・・・


《竹内久美子氏》


Photo_4


« 栄和人強化本部長の逆襲なるか | トップページ | 両陛下の与那国島訪問 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の固有種:『日本型リベラル』:

« 栄和人強化本部長の逆襲なるか | トップページ | 両陛下の与那国島訪問 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト