« 所詮「ガキのグズリ」だったのか:貴乃花 | トップページ | 昭恵氏、『出べそ女』の典型。55団体の名誉職に »

『北』の駆け込み、『南』の面子台無し!

2018年03月28日
(『北』の駆け込み、『南』の面子台無し!)


https://news.nifty.com/topics/tbs/180328232242/


・簡単なパズル解きである。〔金正恩〕はこれまで、「北朝鮮の核保有は、祖父:金日成、父;金正日の遺訓である」と言い続けて来た。それが今回は記事中から以下である。


・「『金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺訓に基づき、半島の非核化の実現に尽力することは、われわれの終始変わらぬ立場である』(北朝鮮 金正恩 党委員長)」・・・初めて聞いたぞい! そしてチャッカリこうも言っている。記事中から以下。


・「『南朝鮮(韓国)とアメリカが、われわれの努力に善意で応じ、平和的かつ安定的な雰囲気を作り、和平実現のために歩調を合わせた措置を講じるならば、半島の非核化の問題は解決されうる』(北朝鮮 金正恩 党委員長)」・・・


・つまりは、(1)先ず「朝鮮半島にかかっている『アメリカの核の傘』を外せ」、(2)直截的に言えば、「在韓米軍の撤収」を要求しているのである。そして(3)そうすれば「宗主国:チャイナ様」の後ろ楯で、『北主導』の朝鮮半島統一は完成し、朝鮮半島は非核化されるのと同時に、「宗主国:チャイナ様」の『核の傘の下に入る」


・だから私は昨日からブログで〔トランプ〕に言っている。「『米朝首脳会談』の意味は無くなった。至急『米中首脳会談』に切り替える」「会場は『東京』だと」と。


・ま、南朝鮮(韓国)のアホ〔文在寅〕の面子は丸潰れだな。いつも日本を騙して来たバチだ。思い知ったか!これじゃぁ『南北首脳会談』なんざ丸で意味が無い。ザマミサラセ!


・ニフティニュースから、TBS の記事を以下。


・「【中朝首脳が会談、金正恩氏『非核化問題解決できる』】TBS 2018年03月28日 18時45分」


・「北朝鮮から中国を訪れていたのは、やはり〔金正恩(キム・ジョンウン)党委員長〕でした。中国国営メディアは28日朝、『金党委員長が25日から28日まで、中国を非公式訪問した』と速報で伝えました」


・「『今回の訪中はタイミングが特別で、意義が重大で、私はこれを高く評価する』(習近平国家主席の発言)」


・「中国・国営メディアによりますと、金党委員長は〔習国家主席〕の招きに応じる形で訪中。習氏との会談では、『朝鮮半島情勢は急速に前進し、少なからぬ重要な変化が起きている。私が遅滞なく状況を報告するのは当然』と述べ、中朝関係の改善に前向きな姿勢を強調しました。そして・・・」


・「『金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺訓に基づき、半島の非核化の実現に尽力することは、われわれの終始変わらぬ立場である』(北朝鮮 金正恩 党委員長)」


・「先代の遺訓だとして、朝鮮半島の『非核化』に言及。4月末と5月末までにそれぞれ予定されている韓国の〔文在寅(ムン・ジェイン)大統領〕と、アメリカの〔トランプ大統領〕との首脳会談の開催に意欲を示し、次のように強調しました」


・「『南朝鮮(韓国)とアメリカが、われわれの努力に善意で応じ、平和的かつ安定的な雰囲気を作り、和平実現のために歩調を合わせた措置を講じるならば、半島の非核化の問題は解決されうる』(北朝鮮 金正恩 党委員長)」


・「『お会いできてうれしいです』(北朝鮮 李雪主 夫人) 『お会いできてうれしいです』(中国 彭麗媛 夫人) 『お会いできてうれしいです』(北朝鮮 金正恩 党委員長)」


・「北朝鮮の最高指導者となって初めての外遊となった金党委員長。晩さん会のほか、ITやハイテク企業などが集まる『中関村』の視察も行いました。最後は、習夫妻に笑顔で手を振り別れるシーンも。これは、少し前までは想像しにくい光景でした」


・「朝鮮戦争以来、『血の同盟』と言われる友好国だった北朝鮮と中国ですが、金正恩氏は、中国との強いパイプを持っていたおじの〔張成沢氏〕を処刑。中国の警告を無視する形で、核・ミサイル実験を繰り返し強行してきました」


・「『アメリカが中国と長く協議し作り上げた今回の『決議』は、我々の核およびミサイル計画に関連する団体と個人の追加制裁も規定した』(北朝鮮外務省報道官談話)」


・「国連による北朝鮮の制裁決議に中国も賛成し、締め付けを強化するにいたって両国関係は冷え切っていました。なぜ、このタイミングで首脳会談が実現したのでしょうか」


・「『恐らく(5月末に予定されている) 『米朝首脳会談』が引き金になっている。トランプ大統領が首脳会談まで、すぐにゴーサインを出すとは北朝鮮も考えていなかった。『トランプ大統領に会う前に、隣国の伝統的な友好国である中国を訪問する』、非常に長期的な視野に立った決断だった』(慶応大学 礒崎敦仁 准教授)」


・「北朝鮮の国営メディアは、今回の金党委員長の訪中について『電撃的な訪問』と表現。金党委員長が習主席に北朝鮮への訪問を要請、習主席も応じたと明らかにし、中国との友好関係を強調しつつも、非核化については言及しませんでした」


・「『朝鮮半島の非核化、非常に重要なキーワードが北朝鮮の発表文に入っていない。『先代の遺訓に基づく朝鮮半島の非核化』というフレーズが入っていないが、これまでの論理とは違うもっと大きな非核化を北朝鮮は考えているのではないか』(慶応大学 礒崎敦仁 准教授)」


・「『中国政府からアメリカ政府に、金正恩党委員長の訪中について説明があった』(ホワイトハウス サンダース報道官) アメリカ・ホワイトハウスは、中国政府から27日に説明があったとし、『習近平国家主席からトランプ大統領へのメッセージも伝えられた』と明らかにしました」


・「『政府としては、重大な関心を持って、情報収集・分析に努めているところであります。中国側からもしっかりと説明を受けたいと考えています』(安倍首相)  一方、安倍総理は、首脳会談について中朝の国営メディアの報道で知ったと述べました」


・「そして、慌てているのは韓国。『“文大統領は南北、米朝の後に米朝韓首脳会談を行い、緊張緩和のためのさまざまな提案をする準備をしていた。それが難しくなる動きだ。予想外の北朝鮮の動きに今、戦略の練り直しを迫られている”』(韓国統一省高官)」


・「『中朝の伝統的友好と、両国関係について、双方は新しい段階に入ることを確認した』(中国外務省)  北朝鮮情勢、ますます急展開しています。(28日17:55)」・・・

« 所詮「ガキのグズリ」だったのか:貴乃花 | トップページ | 昭恵氏、『出べそ女』の典型。55団体の名誉職に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『北』の駆け込み、『南』の面子台無し!:

« 所詮「ガキのグズリ」だったのか:貴乃花 | トップページ | 昭恵氏、『出べそ女』の典型。55団体の名誉職に »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト