« 台湾「独立」運動:私は当然と思う | トップページ | 『インド太平洋戦略』を推進 »

“メガネ先輩”に忍びよる悪夢 4年前と同じゴタゴタ劇

2018年03月01日
(“メガネ先輩”に忍びよる悪夢 4年前と同じゴタゴタ劇)


http://news.livedoor.com/topics/detail/14366799/


・私の住まい近くでは。「日常的」に擦れ違う“メガネ先輩”の素顔である。大阪は昔から開放的な街だったのか、在日コリアンの『地盤』になっている。“メガネ先輩”を美人と見るかどうかは勝手だが、『カタツムリ化粧品』のお陰か、肌は滅法美しい!


・私の個人的な趣味だが、今回の「そだねー:カーリング」では、〔本橋麻里〕選手(31)の美形が拝めて最高だった。〔藤澤五月〕選手?・・・「マリリン」に比べりゃ、まだまだだね!


・ライブドアトピックスから、ZAKZAK(夕刊フジ) の記事を以下。


・「【“メガネ先輩”に忍びよる悪夢 4年前と同じゴタゴタ劇、世界選手権は大丈夫? 韓国カーリング】ZAKZAK(夕刊フジ) 2018年2月28日 17時5分」


・「平昌五輪の女子カーリング準決勝で日本を破り、銀メダルを獲得して日本同様絶賛フィーバー中の韓国。一躍ヒロインに祭り上げられたのが『メガネ先輩』こと〔キム・ウンジョン〕(27)だ」


・「韓国最大紙の朝鮮日報は『平昌五輪はカーリングに始まりカーリングに終わった』と総括。『今回の五輪が生んだ最高のヒット商品は断然カーリングである』と断じた」


・「同2位の中央日報は『平昌五輪のシンデレラは『カーリング女王』、〔キム・ウンジョン〕だ』と絶賛。『2014年ソチ五輪の『フィギュア女王』、〔キム・ヨナ〕級の人気』と、金メダリストと同格まで持ち上げた」


・「表彰台ではトレードマークの大きなメガネを外し、その素顔の美しさも話題になった〔キム・ウンジョン〕。韓国南部・大邱のメーカー製、価格約10万ウォン(約1万円)の“先輩モデル”のメガネは注文5倍増で在庫切れ。


・「スイープ(ブラシで掃く)指示の際に連呼する親友の名前『ヨンミ!』は、今大会最高の流行語となった」


・「その〔キム・ヨンミ〕は決勝で敗れると『4年後、確実に金メダルを取るための準備をするつもり』と早くもリベンジ宣言。イベントやメディアに引っ張りだこで息つく暇もなさそうだが、来月には世界選手権(カナダ)に参加する」


・「五輪前から出場見送りが決まっていた、銅メダルの『LS北見』とは対照的だ(日本からは富士急が出場)。こうした熱狂の中で、4年前の醜聞は忘れ去られてしまったようだ」


・「韓国は前回ソチ五輪に、今回とは全く別のメンバーで臨み、日本から『歴史的勝利』を挙げるなど善戦し帰国後はやはり『ヨナ級』の脚光を浴びた」


・「だが3月の世界選手権(カナダ)後、現地で選手4人がコーチに造反。暴言、セクハラ、寄付金強要を理由に辞表を出す騒動に発展した」


・「ゴタゴタのイメージを払拭し韓国カーリング界に光をもたらした“メガネ先輩”ら国民的ヒロインたちは、4年前と同じカナダで行われる世界選手権を無事に乗り切れるだろうか。 ZAKZAK(夕刊フジ)」・・・


《競技中のみならず、メガネを外しても美しいキム・ウンジョン(松永渉平撮影)》


Photo_2


« 台湾「独立」運動:私は当然と思う | トップページ | 『インド太平洋戦略』を推進 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “メガネ先輩”に忍びよる悪夢 4年前と同じゴタゴタ劇:

« 台湾「独立」運動:私は当然と思う | トップページ | 『インド太平洋戦略』を推進 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト