« 上海吉祥航空は、日本から追放せよ! | トップページ | 多用途『防衛型空母』導入 »

馬鹿は死ななきゃ治らねぇ!:年金機構

2018年03月20日
(馬鹿は死ななきゃ治らねぇ!:年金機構)


http://www.sankei.com/affairs/news/180319/afr1803190038-n1.html


・役人の世界は「不老不死」の仕組みになっている。私が住処にしている『UR都市機構』も、前身は「潰れた住宅公団」である。だが役人の「馬鹿は永遠のDNA」は色濃く受け継がれ、私が入居した頃の『年収証明』も『家賃3か月分の敷金』も今は不要らしく、『引越し業者』の姿など滅多に見ないのに、どんどん入居者が入れ替わっている。


・軽装の入居者だから『夜逃げ』も多いらしいが、『UR都市機構』はこの『年収証明』・『家賃3か月分の敷金』不要!を改めない。人が動けば『お抱え業者による復元工事』が頻繁になるからだ。想像だが『お抱え業者』からの上納金も半端じゃないんだろ?


・お陰で私の上階も、「1ヶ月間」の復元工事だ。『お抱え業者』の下請けや又請けの業者が、勝手な時間に来てガリガリ・バリバリやっている。真上の話だ。『UR都市機構』の役人らは、「静かな環境に住んで貰う」という基本姿勢を忘れ、金儲けに走っている。


・「日本もそう、長くは無いなぁ」とシミジミ思う。「アホの政治家ら」と「馬鹿役人ら」が、シロアリのように日本の背骨を「好き放題」に食い荒らしてやがる!


・さてあの馬鹿の代表のような『社会保険庁』も、「不老不死」の仕組みに則ってシャラッと『日本年金機構』になっている。そして「馬鹿は永遠のDNA」もそのままだ。「官庁の中の官庁」と言われた財務省だって、今の有様だ。元々「吹き溜まり」だった『社会保険庁』が覚醒して、「有能集団」になる筈も無い。


・テメェらで「入力作業」はせず、『お抱え業者』の「データ入力屋」を使う。勿論「上納金アリ」なのだろう。ところが「馬鹿のお抱え業者はやっぱり馬鹿」で、あろうことか『支那人の業者』を又請けに使ったのだ。


・記事では「現時点で中国の業者から外部への情報流出があったかは分かっていない」としているが、そんなもん、「日本からのピッカピカの個人情報」だ。本国の機関に情報を売って、荒稼ぎしているに違いない!あぁ、馬鹿の代表め!


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【中国の業者に年金個人情報 『年金機構』委託の企業が再委託】産経ニュース 2018.3.19 22:38更新」


・「約130万人の2月の年金受給額が本来より少なかった問題で、『日本年金機構』が約500万人分の受給者のデータ入力を委託した東京都内の情報処理会社が、中国の業者に個人情報の入力業務を再委託していたことが19日、厚生労働省への取材で分かった」


・「データには個人情報が含まれるため、機構との契約で別業者への再委託は禁止されていた。現時点で中国の業者から外部への情報流出があったかは分かっていない」


・「厚労省などによると、機構は昨年8月、東京都豊島区の情報処理会社に約500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報データの入力を委託。ところが、この会社は中国の業者にデータの一部を渡して入力を再委託していた。作業には遅れやミスがあった」


・「約130万人の2月の年金受給額が少なかった問題は、所得税の控除に必要な『扶養親族等申告書』の提出が間に合わなかったことが主な原因だったが、約6万7千人については、必要な手続きをしたのに控除を受けられていなかった」


・「機構がこの問題を調査する中で、中国業者への再委託が分かったという」・・・

« 上海吉祥航空は、日本から追放せよ! | トップページ | 多用途『防衛型空母』導入 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿は死ななきゃ治らねぇ!:年金機構:

« 上海吉祥航空は、日本から追放せよ! | トップページ | 多用途『防衛型空母』導入 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト