« 『日韓首脳会談』、同席者の生々しい話 | トップページ | 平昌パラ五輪の始まる前に滅多打ちか:『北』 »

藤井聡太五段が中学生初の棋戦優勝

2018年02月17日
(藤井聡太五段が中学生初の棋戦優勝)


http://www.sankei.com/life/news/180217/lif1802170032-n1.html


・ま、今はすっかり「爺様タレント」になってしまった〔ヒフミン〕が、私の子供の頃「破竹の進撃」をしていたから、〔藤井聡太〕クンを「百年に一人の逸材」とは言わないが、間違いなく「何十年に一人の逸材」に違いはなかろう。


・本日午前の対局で国民栄誉賞の〔羽生竜王〕を破った午後、〔広瀬八段〕も破って(1)15歳6カ月で中学生初の一般棋戦優勝を果たしただけでなく、(2)六段位も獲得してしまった。恐るべし〔藤井聡太〕クン! これは、『コンピュータ将棋』にも勝てそうな将棋指しが出て来た!


・産経ニュース・[将棋]から、記事を以下。


・「【藤井聡太五段が中学生初の棋戦優勝 朝日杯オープン、六段に昇段】産経ニュース・[将棋] 2018.2.17 16:35更新」


〈【産経新聞号外】藤井五段 棋戦初V[PDF] 〉

・「将棋の最年少プロ、〔藤井聡太〕五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦の準決勝で〔羽生善治〕棋聖(47)=竜王=を破り、決勝でも〔広瀬章人〕八段(31)に勝ち、最年少の15歳6カ月で中学生初の一般棋戦優勝を果たした」


・「〔加藤一二三〕・九段(78)(解説:ヒフミン!)が達成した15歳10カ月の記録を63年ぶりに塗り替えた。同時に五段昇段後、わずか16日で中学生初の六段に。六段昇段も、加藤九段の16歳3カ月を抜き、最年少記録となった」


・「加藤九段の優勝記録は六段以下の棋士が対象の棋戦で、今回は全棋士が参加する一般棋戦での快挙達成となった。全棋士参加棋戦の最年少記録はこれまで、昭和62年に羽生棋聖が達成した17歳2カ月」


・「午前の準決勝では羽生棋聖を撃破した。約600人が見守る公開対局の緊張感が漂う中、藤井五段の先手番で始まり先攻したが、羽生棋聖も反撃。最後は藤井五段の攻めが決まり、119手で制した」


・「決勝は広瀬八段と初対局。秒読みでの将棋となったが、最後は相手玉を追い込み、117手で勝った。藤井新六段は『全棋士参加の棋戦で優勝できてとても自信になりました』と喜びを語った」・・・


《朝日杯オープン戦本戦で優勝し、笑顔で写真撮影に応じる藤井聡太六段。最年少の15歳6カ月で棋戦優勝を果たした=17日午後、東京都千代田区》


Photo_5


« 『日韓首脳会談』、同席者の生々しい話 | トップページ | 平昌パラ五輪の始まる前に滅多打ちか:『北』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤井聡太五段が中学生初の棋戦優勝:

« 『日韓首脳会談』、同席者の生々しい話 | トップページ | 平昌パラ五輪の始まる前に滅多打ちか:『北』 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト