« 八角理事長落選!なら面白いのだが | トップページ | 誤解が多い『イージス・アショア』の実態 »

『チャイナ残留孤児』の子らによるやりたい放題

2018年02月01日
(『チャイナ残留孤児』の子らによるやりたい放題)


http://www.sankei.com/west/news/180201/wst1802010002-n1.html


・作家・〔山崎豊子〕氏が、時のチャイナのトップであり「日中友好!」に熱心だった〔胡耀邦〕氏の全面協力を得て書いた【大地の子】は、『チャイナ残留孤児問題』を浮き彫りにし、日本人の 「国民的同情」 を大いに集めた。


・その雲行きを怪しくしたのは、ヤッパリ『大阪』だった。2010年だったと記憶するが、「大阪在住の高齢姉妹(チャイナ残留孤児)の「看病」を名目に、チャイナから48人(46人だったか?)もの支那人が大阪にやって来て、全員が「生活保護申請」をしたことだった。


・生活保護制度自体は、決して間違っていない「セーフティネット」である。しっかしま、それは「順法精神」を持つ『日本国民の為のもの』であることが前提だ。だが実際は、『永住権を持つ外国人にまで支払われている』のが日本国の問題だ。


・勿論、世界中を探しても『外国人ににまで生活保護』を適用しているのは、日本だけである。しかも(1)国会で決めたわけでも、(2)閣議決定されたわけ でもない。(3)1954年(昭和29年)に『厚生省・社会局長通知』によって始まったものだ。


・つまりこの、『日本を危うくする制度』は、単に厚生省の1役人が通達して始まったものであり、以来64年間も営々と続けられているのだ。しかもこの『日本国の脇の甘さ』に便乗して、在日支那人・在日南北コリアンによる犯罪集団が、無限に増殖を続けているのだ。


・産経ニュース・[衝撃事件の核心] から、記事を以下。


・「【在日中国人の『半グレ』が暗躍…組織的な暴力行為、大阪府警『勢力拡大を警戒』】産経ニュース・[衝撃事件の核心] 2018.2.1 06:00更新」


・「中国出身の会社経営者を拉致し現金を脅し取ったとして、在日中国人で構成するグループが大阪府警に摘発された。逮捕された主犯格の男は中国から帰化し、在日同胞のトラブル処理を生業(なりわい)にしていたという」


・「捜査関係者によると、グループは暴力団には属していないが、粗暴な行為を繰り返す、いわゆる『半グレ』とみられる。こうした組織は他にも存在する可能性があり、捜査関係者は『在留外国人の経済活動の活発化に伴い、勢力がさらに拡大する恐れもある』と警戒を強める」


・「★高級車で急襲・・・・『女性が車で拉致されたようだ』。目撃者の男性からの通報が事件の端緒となった。 一昨年の12月末の夕方、大阪市城東区の駐車場。貿易会社を営む中国籍の40代女性が車を止めて降りたところを、6人組の男が急襲した。男らは乗ってきたトヨタ・クラウンの座席に女性を押し込め、さらにベンツ、BMWに分乗して走り去った」


・「男らは車内で女性の顔を殴ったうえ、『息子の命はないぞ』と脅迫。市内のコンビニまで連れて行き、店内のATM(現金自動預払機)で現金10万円を引き出させたうえで、女性を解放した。男らはさっそくこの金で飲食し、滞在先の宿泊費などで使い切ったという」


・「★トラブル処理屋・・・・この事件で、ベンツに乗って犯行を主導したのが飲食店員の男(50)=逮捕監禁致傷罪などで起訴=だった。捜査関係者によると、男は中国残留孤児の母親を持ち、平成19年に日本に帰化。元妻が経営する市内の串揚げ店を拠点に、在日中国人の若者を率いて、同胞の金銭トラブルの解決などを請け負っていた」


・「今回の事件は、被害女性と金銭トラブルになった在日中国人の会社経営の男性が28年9月に『女性から約1400万円を取り返してほしい』と男に依頼したのが発端。男は手付金など計約150万円で仕事に取りかかった」


・「男は、手下として使っている愛知県内の20~23歳の中国籍の男6人に招集をかけた。男らは大半が無職。主犯格の男は自らの過去の“武勇伝”を誇示し、服従を強いていたという。依頼を受けた男は同年10月、手下に命じて女性宅の玄関扉に、ペンキで『金を返せ』と落書きさせた」


・「一方で自身は中国・上海まで行き、女性の両親に対して『金を払わなければ娘を廃人にしてやる』と脅したうえ、計約370万円を奪った。男はこの現金を依頼者に一切渡さず、ベンツの購入費用に充てた。そして女性拉致事件の際、この車で現場に乗り付けていた」


・「大阪府警国際捜査課によると、男のグループは今回の事件以外にも、中国人ホステスが勤務する大阪・ミナミのスナックで物を壊すなどしていた。同課は昨年8月に女性拉致事件で男を逮捕、同12月までに手下の中国人ら6人も摘発した」


・「捜査幹部は『グループと暴力団の関係は判然としないが、組織的に暴力行為を繰り返していた。在日中国人による半グレ集団とみられる』と語る」


・「★外国人半グレ多数存在?・・・・『半分グレている』の略語で、暴力団組織に属さない不良集団の『半グレ』。日本で外国人の経済活動が活発化する中、水面下で不良行為を重ねる中国人グループは他にもいるようだ」


・「たとえば、関東を拠点とする半グレ『怒羅権(ドラゴン)』。元暴力団関係者は『怒羅権は中国残留孤児の2、3世らで組織され、似た境遇同士の強いつながりと、警察当局に反発する凶悪さで知られていた』と話す」


・「大阪府警の捜査関係者は『ミナミの飲食店を牛耳る不良集団もいると聞くが、実態はつかめていない。同じようなグループの情報は多数あり、今回の事件は氷山の一角にすぎないだろう』とした」


・「★経営者増加の裏側で・・・・中国人半グレ組織の存在は、日本国内で外国人の経済活動が活発になった裏面ともいえる。 法務省によると、国内で事業を起こす場合に取得する『経営・管理』の在留資格で日本に滞在していた外国人は2万1877人(28年末現在)に上り、前年度末から実に20%以上も増加した。国別では中国が1万1229人で最多で、2位は韓国の3039人だった」


・「こうした経営者の存在は国内需要の拡大や雇用促進といった好影響の反面、外国人経営者による事業所が不法滞在者の受け皿になるなどマイナス面もある」


・「大阪市西成区のあいりん地区では中国人の女性が接客する『カラオケ居酒屋』が近年急増。大阪府警は28年、留学の資格で入国しながら、カラオケ居酒屋で長時間働いていた中国人の女らを摘発している。捜査関係者は『人件費を安く抑えるため、不法滞在者を雇う業者もいる』と指摘した」


・「西成のカラオケ居酒屋をめぐっては、中国人女性経営者の会社設立登記を無資格で代行したとして、大阪入国管理局元次長の行政書士の男が1月24日、大阪府警に司法書士法違反(無資格業務)で逮捕される事件にも発展した。男は他にも複数の中国人の会社設立登記を行っていたとみられ、府警が実態解明を進めている」・・・

« 八角理事長落選!なら面白いのだが | トップページ | 誤解が多い『イージス・アショア』の実態 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『チャイナ残留孤児』の子らによるやりたい放題:

« 八角理事長落選!なら面白いのだが | トップページ | 誤解が多い『イージス・アショア』の実態 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト