« 劣悪、過酷な強風下での夜間競技:平昌 | トップページ | 強風下、深夜の平昌五輪 »

日本は世界中の工作員の楽園である!

2018年02月14日
(日本は世界中の工作員の楽園である!)


https://news.nifty.com/topics/jcast/180214223547/

・J-CASTニュース の記事は稚拙で、「記事になってない」感じがするが、「東京大学卒の才媛=〔三浦瑠璃〕氏の主張は、私は現実的だと思っている。


・人権派は必ず遠い昔の『関東大震災』時の日本の自警団の行き過ぎた行動を取り上げて、得意の「思考麻痺」を起こしているが。ナニ、もっと卑近な第2次大戦敗戦後のドサクサを考えればいい。


・東京・大阪・名古屋・・・大都市の殆ど駅前・駅裏は、在日コリアンが「縄張り」して奪っている。不法占拠しておいてこの70余年、居座っているのだ。主人が戦死して、未亡人と幼児らが在日に追い出された例は、枚挙に暇がない。勿論彼らは、不景気な母国には帰らない。


・勘を磨けば直ぐ分かる。12,3年前に大阪へ流れて、最寄の阪急駅前を眺めた。右手にパチンコ屋がある一角、グルリと歩くと住民は誰も居ない。かなり広大な遊戯・飲食街で、高いビル街になっている。「この一郭が在れば、バスターミナルが出来るのになぁ」と思って、地主を調べた。全てがコリアン名だった。奪われた「駅前一等地」だったのだ。


・そんな現実は、日本の主要都市に幾千・幾万も在るのだ。強奪して金儲けして、地下資金を流通させ、同胞の繁栄を画策するのは彼らの常套手段だ。『北』系のコリアン、『南』系のコリアンだけでなく、『チャイナ』系の支那人らの一部が、強固な『潜伏工作員』(スリーパー・セル)になっていても、何ら不思議はない。


・それを「行き過ぎたポリコレ」と断じるのは、このご時勢に「護憲憲法論」を振りまく輩とオンナジで、思考停止のサヨクである。私は断じて〔三浦瑠璃〕氏の主張を支持する!


・ニフティニュースから、J-CASTニュース の記事を以下。


・【三浦瑠麗氏.『スリーパー・セル.』発言で論議 『偏見』VS『(批判は)行き過ぎたポリコレ』】J-CASTニュース 2018年02月13日 19時21分」


・「東京大学の講師で、コメンテーターとしても知られる国際政治学者の〔三浦瑠璃〕氏が、2018年2月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、大都市に潜入しているテロリスト『スリーパー・セル』に言及したことを受け、議論が巻き起こっている」


・「北朝鮮との戦争という話の流れもあり、『在日コリアンへの差別・偏見を助長するのではないか』という批判や、国内では北朝鮮による拉致被害がある例から『警戒すべき』という賛成まで、ツイッターでは著名人も含む様々な人々が意見を表明している」


・「★『ヘイト扇動』か『連想ゲーム』・・・・ 2月11日に放送された『ワイドナショー』にゲストとして登場した三浦さんは、ピョンチャン五輪の話題からの流れで、北朝鮮との戦争が発生した場合の予測について言及」


・「その際の『テロリストが、仮に金正恩さんが殺されても、スリーパー・セルと言われて、指導者が死んだと分かったら一切外部との連絡を絶って都市で動き始める。スリーパー・セルというのが活動すると言われている』 『大阪がヤバいと言われていて...』 という指摘が賛否を呼び、ツイッターでは著名人を巻き込んで激しい議論になっている」


・「『三浦瑠麗さんはワイドナショーで発言する際、関東大震災で朝鮮人がデマで虐殺され、アメリカで大戦中に日系人がスパイとされて収容所に入れられ、今、イスラム系の人々がテロリスト扱いされていること、それに自分の発言で韓国朝鮮系の子どもたちがどんな辛い思いをするか少しでも考えたのだろうか?』」


・「『関東大震災の時の『井戸に毒を』みたいなことをテレビで......』(映画評論家の町山智浩さん)『これ三浦さんがつかんでいる情報に基づく『事実』だったとしても、それを日曜昼のバラエティ番組で発言することの影響考えなかったのかな......』(ジャーナリストの津田大介さん)」


・「などとする意見と、『また行き過ぎたポリコレ(編注:ポリティカル・コレクトネス)。 誰も在日コリアンの事なんて言ってないのに、発言に対し鬼の首を取ったように『差別だ!』と曰うエセ人権派。逆にあなた方の方がバランス取れてない」


・「『北朝鮮のスパイがいる事に警戒するのが何が悪い?この国の拉致被害者は何人いると思ってるんだ!』(落語家の桂春蝶さん) 『在日=北朝鮮の工作員なんて、一言も、三浦さんは言ってないでしょうが。 それを連想ゲームで勝手につなげてるほうがよっぽど偏見であり、ヘイトだよ』(LINEの田端信太郎さん) などとして、三浦さんへの批判を筋違いだとする声も上がった」


・「番組放送後の12日に更新された三浦さんのブログでは、この発言が人種差別的ではないか、と指摘されたことを受け、英デイリーメールや読売新聞の過去の報道や警察白書を引用しながら、『日本は、韓国に次いで北朝鮮にとっての重要な工作先ですから、日本にも存在すると想定することは当然でしょう』と発言を補足説明し、『正直、このレベルの発言が難しいとなれば、この国でまともな安保論議をすることは不可能です』と、SNSでの反応ついてコメントしている」


・「また、このブログに対して、評論家の古谷経衡さんは、13日にYahoo個人で発信した記事内で、日本の公安調査庁の資料(2017年版)を引用し、その中で言及すらされていない『スリーパーセル』の存在は根拠の無い『工作員妄想』であると切って捨てた」


・「ブログで『デイリーメール』記事のURL また、12日の三浦さんのブログで、根拠のひとつとして英タブロイド紙『デイリーメール』記事のURLを示したことに対しても、批判が起きている」


・「というのも、オンライン百科事典のWikipediaは、情報の信頼性に疑問があるとして、英デイリーメールからの引用が禁じられているためだ。17年2月8日の英ガーディアンの記事によると、『ファクトチェックの乏しさ、センセーショナリズム、あからさまなでっち上げ』が理由であるとしているが、Wikipedia側がこうした措置を取るのは異例のことだという」


・「三浦さんがURLを示した記事は、北朝鮮がラジオ放送を使い、他国に潜伏するスパイに命令を出している、という内容だ。もっとも、同様の報道自体は米ニューヨークタイムズや英BBC、英ガーディアンなどでも報じられているのだが、『正直、このレベルの発言が難しいとなれば、この国でまともな安保議論することは不可能です』(という)根拠がデイリーメールの『まともな安保議論』はヤバいね』といった声も出ている」・・・


《賢そうな〔三浦瑠璃〕氏》


Photo


« 劣悪、過酷な強風下での夜間競技:平昌 | トップページ | 強風下、深夜の平昌五輪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557181/66392630

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は世界中の工作員の楽園である!:

« 劣悪、過酷な強風下での夜間競技:平昌 | トップページ | 強風下、深夜の平昌五輪 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト