« 「メガネ先輩」からも『そだねー讃歌』 | トップページ | 日本女子カーリング快挙!:銅 »

(五輪旗を)そんなに早く降ろさないで

2018年02月24日
((五輪旗を)そんなに早く降ろさないで)


http://www.sankei.com/west/news/180224/wst1802240049-n1.html


・マスコミが煽った「噂話」など何処吹く風。サウスコリアの『平昌五輪』は立派に運営され、明日はとうとう閉会式を迎えてしまう。「床が抜ける」だの「屋根が飛ぶ」だの前評判は散々だったが、立派にやりとげたサウスコリアを褒めてあげるべきだ。


・それにしても今夜7:30からの『女子カーリング』〔日本〕Vs.〔英国〕戦が気にかかる。昨夜『カーリング史上に残る熱戦』の末勝った〔サウスコリア〕チームの面々も、正直に「日本頑張れ!」と声援してくれているのではないか?


・産経WEST・[浪速風] から、記事を以下。


・「【『(五輪旗を)そんなに早く降ろさないで』『そだねー』(2月24日)】産経WEST・[浪速風] 2018.2.24 14:01更新」


・「『(五輪旗を)そんなに早く降ろさないでという感じがしました』。1992(平成4)年、フランス・アルベールビル冬季五輪でフィギュアスケート女子シングル銀メダルに輝いた〔伊藤みどり〕さんの、閉会式での弁。日本はそれまでの冬の大会で最多の7個のメダルを獲得し、大いに沸いた」


・「▼閉会式の会場で間近に見た選手たちの、晴れやかな表情を思い出す。戦い切ったすがすがしさがあふれていた。やはり日本のメダルラッシュとなった平昌(ピョンチャン)五輪。とうとう明日、閉会してしまう」


・「美しいスポーツの精神があちこちで見られた。大会を利用しようとする北朝鮮の思惑など、醜悪なものとして吹き飛ばした」


・「▼熱戦は、なおしばし続く。試合中の会話や間食も温かい話題となったカーリング女子は、銅メダルをかけた戦いに挑む」


・「最後まで応援したい。終わりが近づくにつれて、冒頭の伊藤さんの感想に、わがカーリング女子の言葉で応じたい気がしている。『そだねー』」・・・


《【平昌五輪】決勝進出を逃し、引き揚げる日本代表の(左から)吉田知那美、鈴木夕湖、藤沢五月、吉田夕梨花=23日、韓国・江陵カーリングセンター(早坂洋祐撮影)》


Photo_4

« 「メガネ先輩」からも『そだねー讃歌』 | トップページ | 日本女子カーリング快挙!:銅 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (五輪旗を)そんなに早く降ろさないで:

« 「メガネ先輩」からも『そだねー讃歌』 | トップページ | 日本女子カーリング快挙!:銅 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト