« 天安門事件は“大虐殺”だった!:「犠牲1万人」 | トップページ | 私の知らない 仮想通貨『テザー』の疑惑 »

新型SM3、ミサイル迎撃実験に失敗

2018年02月01日
(新型SM3、ミサイル迎撃実験に失敗)


https://news.nifty.com/topics/jiji/180201220871/


・迎撃ミサイル4発で145億円、つまり1発=36~7億円という勘定だ。それで3回の実験で、迎撃成功は1回だけ。73億円分はパー!ということか。


・頭の悪そうな国会議員が、以前言っていた。「そりゃ、飛んで来るピストルの弾を、こっちのピストルで撃ち落すようなもんだ。精度は期待出来ん!」・・・ま、「弾丸対弾丸」よりは精度は高いだろうが、それにしても「迎撃」ってのは難しい。


・角聖・〔双葉山〕にして、初めて『後の先』(受け相撲)が出来たのであって、〔白鵬〕から「張り手」と「肘打ち」(エルボー)を取ったら、何も出来なくなった。それほど『後の先』(迎撃)は難しいものなのだ。


・『イージス艦』だの『地上イージス(イージス・アショア)』だのと言っているが、「敵基地攻撃能力」を持たなければ、「専守防衛」(受け)だけじゃこのザマってことだ。ザマァねぇや!


・ニフティニュースから、時事通信 の記事を以下。


・「【新型SM3、ミサイル迎撃実験に失敗=日米開発】時事通信 2018年02月01日 07時23分」


・「【ワシントン時事】米国防総省ミサイル防衛局は31日、ハワイ州で、日米両国が共同開発中の迎撃ミサイル『SM3ブロック2A』の迎撃実験を行ったと発表した。成否については言及を避けたが、複数の米メディアが『失敗した』と報じた」


・「SM3はハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射されたが、標的のミサイルを撃墜できなかったとみられる。SM3ブロック2Aの実験失敗は、昨年6月に次いで2回連続。同2月には成功していた」


・「日米両国は北朝鮮のミサイル開発に対抗するため、SM3ブロック2Aの開発を促進。海上自衛隊のイージス艦や陸上配備型システム『イージス・アショア』に配備される予定で、米国務省は今月、日本にミサイル4発などを総額1億3300万ドル(約145億円)で売却することを承認していた」・・・ 

« 天安門事件は“大虐殺”だった!:「犠牲1万人」 | トップページ | 私の知らない 仮想通貨『テザー』の疑惑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型SM3、ミサイル迎撃実験に失敗:

« 天安門事件は“大虐殺”だった!:「犠牲1万人」 | トップページ | 私の知らない 仮想通貨『テザー』の疑惑 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト