« 都合が悪いと言論で立ち向かわずに即裁判:朝日 | トップページ | 『憲法改正、今年しかやれない』:櫻井よしこさん »

〔白鵬〕休場に思う

2018年01月18日
(〔白鵬〕休場に思う)


・先場所(九州場所)での〔嘉風〕との一番で「立会い不成立」を唱え、いつまでも土俵を降りなかった醜態や、日馬富士暴行事件の現場に居ながら止めなかった責任から、「張り手」や「首・顔面肘打ち」(あれは相撲技の『かち上げ』では無い!)が立会い常套手段となっていた〔白鵬〕に、とうとう相撲協会評議員会などから批判が寄せられ、今場所の白鵬は初日から苦悶していた。


・先場所の醜態は、自身が〔嘉風〕に「張り手」や「首・顔面肘打ち」を見舞いながら、相手がフワリと立っていたので「待ったかな?」と錯覚しての負けだった。昨日初場所の一番も、〔嘉風〕は頭から当たって行かず、フワリと立って勝っていた。


・じゃぁ、「〔白鵬〕から、『張り手』や『首・顔面肘打ち』を取ったら、並みの力士か?」という評価は違っていると思う。「張り手」や「首・顔面肘打ち」が立会い常套手段となって来たのは、やはり年齢から来る「衰え」なのだろうと思う。若い〔白鵬〕は変幻自在、何でも出来る横綱だった。


・これで2場所位ゆっくり休場して怪我の療治に励めば、私は又『後の先』が出来る大横綱への道を行くことになるだろうと思っている。


・ただ〔角聖・双葉山定次〕とは、やっぱり「体の作り」が違うようには思う。「双葉山のような体作り」・・・専門の『トレーナー』の出番ではないのかえ?


《角聖・双葉山定次の見事なプロポーション》


Photo_2

<.

« 都合が悪いと言論で立ち向かわずに即裁判:朝日 | トップページ | 『憲法改正、今年しかやれない』:櫻井よしこさん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔白鵬〕休場に思う:

« 都合が悪いと言論で立ち向かわずに即裁判:朝日 | トップページ | 『憲法改正、今年しかやれない』:櫻井よしこさん »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト