« ルックス高評価に甘んじる女性議員 | トップページ | お上の『懲らしめ』だったのか?〔三橋貴明〕氏釈放 »

平和で善良な人:羨ましい!

2018年01月08日
(平和で善良な人:羨ましい!)


http://www.sankei.com/life/news/180108/lif1801080042-n1.html


・昨年の10月18日夕方、【愛知県がんセンター】の帰路、幼馴染の〔冨尾タヌ〕君に(ようやく)会えたことは、私の昨年の「小さな感動」だった。私は初版であり『3がん4バトル』の闘病本:【生還へのフォアボール】の255Pに、彼のことをこんな風に書いている。破線内に、以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 夕飯を済ませて冨尾タヌ君を待つ。六時四十五分、奥さんが洗ってキチンと畳んでくれた大きな洗濯物バッグを提げてタヌ君登場。早期退院の話にタヌ君もビックリ!


 タヌ君八時頃まで居て、「お前、大阪に帰っても独りだけど、独りで養生できるんか?」と心配してくれる。「独りは自業自得だ。やるしかないだろ?」と言うと「ほんなら、気ぃつけて大阪に帰れよ」と、後ろ髪引かれる感じで帰って行く。


 タヌ君を見ていてしみじみ思う。タヌ君に比べ、私は人生を「小難しく困難に生きて来てしまったなぁ」と。青雲の志と言えば聞こえはいいが、結局、欲が深かったのだろう。


 これでまた奇跡的に生き延びても、この先たかだか二十年の人生だ。タヌ君のように、「他人に心優しく、素朴に平明に、穏健に生きなければならん」と心に銘じる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・彼は脳梗塞を2回(上記の後に1回)闘ったが、後遺症が大きく、私が名古屋に行く度に会えることは困難になって行った。ってより、「字が読めなくなった」彼は地下鉄には乗れなくなり、さりとてTAXIの遠距離は気の毒で、私から誘わなくなって行ったのだ。


・しっかしま、彼は「この記事のご主人」同様、「平和で善良な人」なのだ。昨年の『最終名古屋行き』では、どうしても会っておきたかった。私には「何も良いことが無かった2017年」だった。せめて「心洗われる、平和で善良な彼」には会っておきたかった。


・ブログ読者の皆様に、告知した記事を破線内に、以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・2017年10月16日
(明日・明後日と【愛知県がんセンター】です)


(前文略)


・夕方は、2度の脳梗塞から生還しましたが「文字が読めなくなった」幼馴染を、彼の自宅からTAXIで来られる店(以前彼と2回ほど使いましたが、彼の記憶には残っていません)に呼んで、夕食を共にし、旧交を温めて帰ります。


・帰りには運転手さんに「彼の住所・氏名・自宅電話番号」を書いたメモを渡して見送ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・さて「前フリ」が長くなってしまったが、サウスコリアの変節だの、『北』の威嚇だの、そんな記事に埋もれて「評論ブログ」を書いていると、この記事のご夫妻のような「平和で善良な人」にホッとして、元気付けられる。『冨尾タヌ君ご夫妻』も、良い正月を迎えられたのだと信じている。


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【自宅庭に『富士山』『河口湖』 福島の男性、地元の話題に】産経ニュース 2018.1.8 18:50更新」


・「福島県田村市の佐藤正男さん(72)が自宅の庭に高さ約11メートルの『富士山』を造り、地元の話題になっている。約750万円をかけ、ダンプカー130台分の土をスコップで固めて自作した。火口からたき火の煙を出して噴火を再現する仕掛けもあり、訪れた人々を楽しませている」


・「佐藤さんは型枠大工として静岡県に働きに出た40代の時、富士山に魅了された。『夢かと思うくらいきれいで大きくて』。福島に帰ってからも興奮は冷めず、ある夜、庭に富士山が現れる夢を見て『造ろう』と決意した。最初は反対した妻の志枝子さん(71)も『主人の喜ぶ顔が見たい』と手伝うようになった」


・「平成7年に5メートルほどの山が完成したが、満足いく形になるよう何度も造り直し、現在は6代目。湖面に映る逆さ富士を楽しめるように『河口湖』も再現。湖に浮かべた舟は露天風呂にもなる」・・・


《妻志枝子さん(右)のために作った「夫婦富士」の看板を手に笑顔の佐藤正男さん=2017年12月、福島県田村市》


Photo_3


« ルックス高評価に甘んじる女性議員 | トップページ | お上の『懲らしめ』だったのか?〔三橋貴明〕氏釈放 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

織伊友作様、
年の始めに清々しくも欲の無い話をありがとう御座います。

藤城孝久さま、

コメント、有難うございました。最近 「清清しくも欲の無い話」 って貴重ですよね。正直このご夫妻には心が洗われます。本年もどうぞ下手なブログ、ご愛読くだされ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和で善良な人:羨ましい!:

« ルックス高評価に甘んじる女性議員 | トップページ | お上の『懲らしめ』だったのか?〔三橋貴明〕氏釈放 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト