« 「青空防衛戦」で凍える市民:チャイナ | トップページ | 『南北冬季体育大会』:平昌五輪 »

オイオイ、山中教授は無事なんだろな?

2018年01月22日
(オイオイ、山中教授は無事なんだろな?)


http://www.sankei.com/west/news/180122/wst1801220071-n1.html


・何も『ノーベル賞学者』だからと言うのではない、NHKのドキュメンタリーを観て、〔山中伸弥〕教授の人柄に引き込まれてしまった。『研究者』としてのひたむきさは、「これは、私とオンナジ『人間』なんだろうか?」と思わせる程「崇高」なものだった。


・その山中教授の【iPS細胞】、人間の抗体を乗り越える筈だったのに、つい先日、角膜生成の 【iPS細胞】に、重篤な抗体が発生しているのが認められ、「山中教授、大変だろなぁ?」と心配していた矢先の「この記事」である。山中教授の無事息災を祈るばかりだ。


・産経WESTから、記事を以下。


・「【京大iPS細胞研の論文に図データ改竄と捏造 大学調査委認定】産経WEST 2018.1.22 17:59更新」


・「京都大は22日、京都大iPS細胞研究所の〔山水康平・特定拠点助教〕の論文について捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと発表した」


・「捏造と改竄があったのは昨年3月に発表された、ヒトiPS細胞に由来する管内皮細胞や周皮細胞などの作製に関する論文。山水助教が筆頭・責任著者となっている」


・「論文を構成する主要な図6個全てと補足図5個で、論文が主張する方向に有利になるように数値が操作されており、大学が設置した調査委員会は捏造と改竄があったと認定した」


・「京大によると、山水助教が共著の論文の信憑性(しんぴょうせい)について疑義があるとの情報がiPS細胞研究所に寄せられ、同研究所相談室が保存されていた1次データを基に論文に掲載されたグラフの再構成を試みた」


・「しかし論文どおりのグラフを再現できなかったため、外部委員を含む調査委員会が昨年9月から調査を進めていた。 大学は論文の撤回を出版社に申請中で関係者を処分する方針」・・・

« 「青空防衛戦」で凍える市民:チャイナ | トップページ | 『南北冬季体育大会』:平昌五輪 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイオイ、山中教授は無事なんだろな?:

« 「青空防衛戦」で凍える市民:チャイナ | トップページ | 『南北冬季体育大会』:平昌五輪 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト