« ドッチラケ男:玉木雄一郎 | トップページ | 南北対話の呆れる裏:カネは日本から »

懲りない面々:仮想通貨がまた消えた!

2018年01月27日
(懲りない面々:仮想通貨がまた消えた!)


http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270009-n1.html


・仮想通貨の発祥と言われる『ビットコイン』だって、数年前に消えてしまった(流出)のに、今また投資対象になっている。ホント、世の中には「懲りない面々」がナンボでも居るのだ。


・「懲りない面々」と言えば、「漁夫の利」で増殖した『立憲民主党』に期待する面々のことも思い浮かぶが、こっちは「サヨクの面々」だから「棚から牡丹餅」の例えが正解か?


・産経ニュース・[仮想通貨流出] から、記事を以下。


・「【顧客資産返せない恐れ 取引停止、復旧めど立たず】産経ニュース・[仮想通貨流出] 2018.1.27 09:42更新」


・仮想通貨取引所の運営大手〔コインチェック〕(東京)から約580億円分の仮想通貨『NEM(ネム)』が流出した問題で、ネムを保有していない顧客を含め、預けている資産が失われる恐れがあることが27日、分かった」


・「同社は『最悪の場合は顧客資産を返せない』と被害が広範囲に及ぶ可能性を示唆している」


・「外部から不正アクセスがあり、〔コインチェック〕が顧客から預かっていた『ネム』のほぼ全てが26日未明、流出した。同日午後、全ての仮想通貨と日本円の出金を停止。復旧の見通しは立っておらず、利用者は自らの資産を引き出せなくなった」


・「顧客資産の補償には、〔コインチェック〕が自社の資産を充てることが考えられるが、同社は保有する現預金の規模を明らかにしていない」


・「〔コインチェック〕はインターネット上の口座で『ネム』を保管しており、ネットに接続しないオフラインで管理する場合と比べて安全性が低い状況だった」・・・


《仮想通貨取引所の運営大手コインチェックの本社が入るビルに集まった利用者ら=26日午後、東京都渋谷区》


Photo

« ドッチラケ男:玉木雄一郎 | トップページ | 南北対話の呆れる裏:カネは日本から »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ハッハッハ。大笑い。
よろしければ:
https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/66458685.html

憲坊法師さま、

コメント、有難うございました。貴ブログで、懐かしい木枯紋次郎の決め台詞:「あっしには、関わり合いのねぇことで ござんす」も読ませて戴きました。

日本は『北の工作員』の楽園のようですから、恐らく540億円は『北』へ行ったと思いますよ。ウハウハでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない面々:仮想通貨がまた消えた!:

« ドッチラケ男:玉木雄一郎 | トップページ | 南北対話の呆れる裏:カネは日本から »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト