« 東京新聞は、オチョクッているのか | トップページ | 『NHK・大河ドラマ』の嘘に染まるな »

『NHK受信料値下げ見送り』だと?

2018年01月17日
(『NHK受信料値下げ見送り』だと?)


http://www.sankei.com/entertainments/news/180117/ent1801170007-n1.html


・「役人と乞食は、3日やったら止められない!」と言われるが、「人様の懐を当てにして生きる」お気楽様に対する比喩だ。


・フェークニュースだけではない、「北朝鮮からミサイルが発射されたようです!」と、国民を大混乱に陥れる誤報を平気で流し、恬(てん)として恥じない体質は、「鉄面皮」と言うか「蛙の面にションベン」と言うか、平気の平左である。


・ネットテレビも乱立の時代、既存の電波(周波数)に胡坐(あぐら)をかいている民法各社も問題だが、それでも「視聴率」を気にして、スポンサー確保に汲々としている姿は、好ましい。それに引き換えNHKの厚顔無恥な何だ!


・産経ニュースから、記事を以下。


・「【NHK受信料値下げ見送り、理解得られるか 受信料収入は過去最高更新、内部留保767億円】産経ニュース 2018.1.17 09:10更新」


・「NHKでは現在、放送センターの建て替えや超高精細映像の4K・8K放送の開始を控えているほか、テレビと同じ番組をインターネットで流す『常時同時配信』も目指しており、巨額の投資が見込まれている」


・「こうした状況下、昨年12月の最高裁判決で『合憲』のお墨付きを得た受信料制度について、NHKは平成30~32年度の次期経営計画でテレビ設置月の受信料を無料にするなどの減免措置を盛り込む一方、一律の値下げは見送った」


・「受信料の額は現行を維持しつつ、受信料徴収に対する視聴者の不満抑止を図るため、受信料収入への影響が小規模にとどまる減免措置を採用した格好だ」(解説:小手先の目晦ましだ!)


・「受信料収入は平成28年度で6769億円と3年連続で過去最高を更新。利益剰余金(内部留保)に当たる繰越金は30年度末で767億円となる見込みだ」


・「一方、将来的には人口減に伴う受信料減の懸念もあり、NHKはネット戦略を強化。31年度開始を目指す同時配信ではネットのみの視聴世帯に対し、受信料新設による新たな財源確保をもくろむが、反発に配慮し、新設は先送りが決まっている」


・「放送法はNHKの業務について『営利を目的としてはならない』と規定している。今回の次期経営計画を踏まえ、NHKには受信料を支払う意義について改めて丁寧な説明が求められている。(大塚創造)」・・・


・(解説)自民党の近い将来の首相。『NHK民営化解散!』をやったら、またまた大勝すること間違いなし! NHKもそろそろ、「自分でオマンマを食う方策」を立てて見ろ!

« 東京新聞は、オチョクッているのか | トップページ | 『NHK・大河ドラマ』の嘘に染まるな »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『NHK受信料値下げ見送り』だと?:

« 東京新聞は、オチョクッているのか | トップページ | 『NHK・大河ドラマ』の嘘に染まるな »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト